living-room-728732_1280

一昔前までは、人気設備3点セットと言えば、
ウォシュレット、洗面台、TV付きインターフォンというイメージでしたが、
最近、人気と言われる設備も変わってきているようです。

今は、収納力というのが騒がれているようです。
最近聞いた話の中で、人気設備と言われているのに、
意外とあまり見ない設備があることに気付きました。

それは、室内部屋干し竿と洗濯機の上に取り付ける物置き棚です。
この2つは結構人気と最近聞いたのですが、私が所有している部屋にも取り付けていないですし、SUUMO等の賃貸物件サイトで、あまり写真を見ないなーと感じています。

料金的には、どちらも、たいしたことない金額なので、
今度空室対策をするときは、入れてみようかなと思います。

これに限らず、ちょっとした金額で、印象が良い意味でがらりと変わることもあります。
その代表が、キッチンと浴室の壁に、木目のシールを張ることです。

このシールは、防水仕様であることはもちろんのこと、
頑丈に貼り付けるので、よほどのことでは、はがれないと聞いています。

費用にして、2万円ぐらいと聞いていますので、
そこまで大きくはないという認識をしています。

リフォームっていうのは、少しのアイディアと少しの努力だと思っています。
アイディアというのは、何を入れるのか?どういったことをしたら、
入居者の方に喜ばれるのか?ということを考えることです。

努力というのは、それを具現化するために、多くの業者の方と話し合いを行い、
自分の折り合いがつく価格でまとめる過程です。

ただ、こういった人気設備にしても、
人気のリフォームにしても、
時によって流行が変わっていきます。

現に、私は、そういった研究不足で、今回のような事実に、
今更気づきました。

大家というのは、何もしないと基本情報は入ってきません。
先日、私が参加したような、オーナーズ賃貸フェアに参加したり、
大家の会に参加したり、著名な大家の方のブログを定期的に読んだり等々、
自分から動かない限りは、何も情報が取れないのです。

設備に関しては、コストパフォーマンスを考えながらではありますが、
上記のような軽いものであれば、すぐにでも入れたいと私は思います。

たった数千円で、空室期間が数日、数週間短くなり、
家賃が1円でも上がるのであれば、まあやるべきなのかなと。

自分の資産は自分で守らなければなりません。
その守るということの中で、流行にそった設備を空室のたびに
取り入れていくことも入っているんだなと改めて認識しました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪