みなさんこんにちは!

現在、中国滞在期間中の管理を代理人の方に移管する作業の
総仕上げを行っているところなんですが、その中で一つあった
不動産業界っぽいお話をしたいと思います。

中国にいる間は、電話での連絡ができなくなるため、電話の連絡先を
変更する必要があり、先日、所有物件の管理会社全てに問い合わせをしていました。

実は、管理会社がかぶっている物件もあるのですが、
場所はどちらの物件も都内なんですが、地区によって担当が分かれているらしく、
別々の支店に電話をかけたところ、一方は電話で変更可能。もう一方は変更届を
郵送してほしいとのことでした。

上記の管理会社は言えば、誰もが知ってる管理会社ですが、これだけ大きな会社であっても、内部統制が行われていないんだな・・・とちょっとがっかりしました。
と同時に、若干安心もしました。理由は下で述べます。

僕は経理の仕事をしている為、何をするにしても内部統制という言葉が出てきます。
何か問題が発生したときに、しっかり作業手順に沿って行っていたことを証明する為に、
そんな仕事の為の仕事を行っているんでしょうが、はっきり言って面倒です。それが普通だと思っていました。

でも、業界が違うとそれは常識でなくなることって色々あるんでしょうね。それにちょっと気づかされました。

上記、同じ会社にもかかわらず、支店によって対応が変わっている点、僕は納得できず、
郵送を電話で何とか受けてくれないか?と何回も抗議したんですが、結局覆らず・・・
「当支店は当支店のやり方があるので」的な事を言われ、仕方なく、郵送しました。

こんな大きな会社ですら、こういった事があるのであれば、他の不動産管理会社はもっと杜撰
な環境なんだろうなと想像してしまいました。

でも、これって逆にチャンスだと思ってます。

不動産投資は、参入障壁が高い割には、頑張っていない方が多い業界だと思います。
それゆえ、適当な方が多いですよね。その分変えられる、改革できるポイントって色々あると思います。

今回の件にしても、僕は変更届はいらないと思っていますし、支店によって対応を変えているのは、同じ会社内であれば、おかしい対応ですよね。そこを変えれば、郵送後、書類をチェックする時間が省けます。

こんな小さなことの積み重ねをコツコツやっていけば、
誰よりも効率的に最大限の収益を不動産投資ではあげれる自信はあります。
それを中国で学んできます!

おかしいことはおかしい!と思うべきです!

不動産業界の常識は世間では非常識な事が結構あると思いますので。
みなさんは、不動産業界の不思議エピソードとかあったりしますか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪