今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただけると嬉しいです。
今週末は久々に東京駅に出没しますw

人気ブログランキング

 

 

今日も購入した1棟マンションについてですが、やはり1棟購入すると色々ありますね。

対応に追われる時間は若干長くなりましたが、これも勉強だと思い、日々学んでいきたいと思います。勢いに任せて急拡大しなくて本当に良かったです。

 

1室成約があり、既に入居開始したのも、つかの間、10月から空室になっている部屋のリフォームが完了し、そろそろ本格的に募集開始という状況になりました。そこで、今回は資金的な余裕もそこまでないので、通常通りの原状回復で、大体10万円台前半のコストを見込んでいたのですが、床鳴りが発生しており、客付けに影響するということで、応急措置的に直すことにしました。

 

床素材を全て引きはがし、そもそもの床なりの原因を直す方法か、応急措置的に、床なりがなっている部分だけ床素材を引きはがし、応急措置をした後に、その上から床を張り替えるという二択を求められたのですが、前者の方はコストが半端なくかかるので、とりあえず応急措置的な対応を今回はしました。

 

それで先日工事完了直前の部屋を見てきたのですが、当初と比べると大分改善はしたものの、完全には床鳴りはなくなっていませんでした。まだ仕上げが残っているという話ではありましたが、全ての床なりがなくなるということは厳しいと思います。

 

ただ、床鳴りに関しては、気にする人は気にしますが、気にしない人は全く気にしないと思います。現に、最初の空室後の部屋を僕が見に行った時は、僕は気づきませんでした。管理会社の方が、床鳴りがある個所にテープを張っていたらしいのですが、それに僕は気づかず、あれなんですか?と聞いて、初めて気づいたというのが経緯です。

 

また、今回は、管理会社の別の担当が室内写真を撮影するために、その部屋に行ってきたいのですが、床の状況はどうですかね?と聞いたところ、全然気になるようなレベルではなかったということなので、これはこれで良しとしようかと思っています。

 

そもそも、家賃を考えると、そこまでうるさい人は入らない可能性が高いです。

立地と広さは十分だと思いますので、なんとかそこを押していきたいと思います。

 

ただ、次回この部屋が空室になった時に、床鳴りが更に悪化していた場合は、根本原因を直す必要はあるかもしれません。今まで賃貸経営をやっていて初めての体験ですが、適切に対処していきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪