今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただけると嬉しいです。
不動産購入後の不安定な時期もようやく乗り越えられそうな状況になってきました。

人気ブログランキング

 

 

今進行中の話なので、そこまで大事として書くことは出来ませんが、手付を持ち逃げられているという状況は相変わらず続いています。まだ、100%取り返せないと決まったわけではありませんが、厳しい状況ではあります。

 

何も効果を生み出していないものに対して、相手を信じて入れた手付金が戻ってこないのは考え始めたらドツボにはまり、これだけに捉われるわけにもいかないので、前に向かって考えていくしかありません。

 

どのようにして調査や追い込みを進めているかはまだ進行中のため詳しくは書けませんが、小さくない金額をなくす可能性が高くなってきています。そんな時に何を思って前に進んでいくのか?書いていきたいと思います。

 

失敗は成功のもと

ロバートキヨサキのファイナンシャルインテリジェンスでも学びましたが、何事も失敗あってこその成功です。今回のことはだました人間が悪いといってしまえば、それまでになってしまいますが、色々と僕自身にもチェックの甘さがありました。

 

例えば、インターネットでその人物の名前を調べるとネガティブな情報が出てきましたし、会社名を頻繁に変えていたり等々、まっとうな会社ではないにおいは出ていました。それを、直接面談した際の印象だけで100%信じてしまい、お金を送金してしまった自分にも全く非がないわけではありません。

 

加えて、今回は売買契約書や重要事項説明書の完成版をもらう前に手付金を振込、その後相手売主の印が押された完成版のものを催促しなかった自分のミスでもあります。

 

何もなかった時点で、お金の流れやお金を受領した会社や人間からの領収書をもらえない限り支払うことは出来ないということをもう少し強く言っていれば、こういった話にはなりませんでした。

 

また、今回やられた業者はいわゆるスルガ業者です。地方物件をスルガ融資で売りつけるという業者だったので、今回のスルガショックをもろに食らっている業者ではありますが、そういったことも情勢を見て気づかなかった自分にも多少責任はあります。

 

自分を責めるばかりも良くないですが、なんとか今回の失敗が将来の成功に結び付くよう、今回ああしておけばよかった、こうしておけばよかったというのはできる限り明確にしておきたいと考えています。

 

今回の失敗により最悪の結果とはならない

これは不幸中の幸いと言えるかは分かりませんが、今回の手付が仮に全額戻ってこなかったとしても、自己破産という最悪の結果になる可能性は低いです。今時点で自己資金が全くないという状態ではなく、生活するには困らない程度に保有はしています。

 

なので、それは唯一の救いだと思います。手付をもう少し多めに入れるという話もあったので、そこは多めに入れなくてよかったと思うことにします。

 

よくよく考えてみれば意味の分からない契約書、意味の分からない資金の流れ、そして、悪評がポツポツ流れている人物、この時点で引くべきでした。正直、不動産取引をなめていた自分がいました。

 

シェアハウス問題は、僕が今回遭遇した問題とは若干異なりますが、あの問題は、今後ローン返済が続く限り永遠につきまとう問題です。僕の場合は、金額はそれなりに大きいですが、それ以上の損失はでない一過性のものです。そういった意味では、無駄なことにお金をなくした、お金をどぶに捨てるような行動をしてしまったという悔しさは残りますが、精神的な不安定な状態になるほどの経済状況まで落ち込むという話ではないので、そこは良かったと思うように自分に言い聞かせています。

 

他のことに影響をさせないメンタル・考え方

こういったことが起こったときに一番やってはいけないのが、他のことにも影響させてしまうことです。例えば、本業であったり、自分の趣味、友人との遊び等々、生活は不動産投資だけではありません。

 

不動産投資で失敗したからと言って、そのほかの部分も一気にテンション下げると、なんのための不動産投資なのかわからなくなっています。不動産投資はしょせんお金を稼いで、生活をより豊かにしていくための手段に過ぎないので、その部分は忘れないようにしなければと自分に言い聞かせています。

 

大事なものは何なのか?

 

こういった時こそ色々考えさせられます。

 

とはいっても、手付金の返還に向けて、やるべきことはやります。

ただし、最悪、メールや電話での連絡手段が完全にシャットダウンされるとそこで試合はほぼ終了です。そういった状況も見えつつあるというのは否ません。

 

なので、これはこれで、1つの仕事としてこなし、他のことは今まで通りやっていくというメンタルや気持ちの持ち方には切り替えようと努力しています。

 

とはいっても、悔しいものは悔しいです。すぐに切り替えられるわけではありません。

でも、気持ちとしてはそういった切り替えの精神も持ち合わせながら、自分なりのバランスを保ってやっていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪