a1180_013719-thumbnail2
みなさんおはようございます。

昨日は、王府井の小吃街という、昔の中国の趣を残した食べ物市場に行きました。
普段は、北京の中心部で暮らしているために、そういった中国の趣を残した場所というのは、
あまり行く機会がないのですが、思ったことは、とにかく汚いということです。笑
そういう部分もあわせて、まさに中国!という場所でした。いつもそういったところで、生活するのは厳しいですが、たまにそういった場所に行くのも、自分が今中国にいるんだという認識をするためには、いいなとちょっと思ってしまいました。

さて昨日ご報告した小岩物件の入居者募集の件ですが、ちょっと動きがあったのでご報告します。昨日の記事を読んでいないかたもいらっしゃると思うので、そんな方は、まず昨日の記事を見てみてください。

地元の不動産屋に依頼すると早速昨日、メールで連絡が入っていました。

タイムリーに連絡が取れないのが、海外駐在にいることの弱みなんですが、
内容としては、今現在店頭に、ルームシェアを考えている方がいらっしゃると、
ルームシェアは可能ですか?という内容のものでした。

ルームシェアは、基本的に、家族で済む場合と比べて、居住期間が短くなってはしまうのですが、家賃をきちんと払ってくれるのであれば、そんな贅沢なことは言ってられません。

全然OKということを、先ほど、朝の電話で担当者の方へお伝えしました。
地元の不動産屋に依頼して、たった1日です。

たった1日で、この40日間全くなかった反応がありました。
いかに、地元の不動産屋に依頼することが分かっていただけたかと思います。

そのルームシェアの話ですが、まだ決まってはいませんし、どうなるかもわかりません。
でも、1日目でそういった案件が出てきたということは、僕は、この1週間程度でおそらく、
決まってしまうのではないかなと期待感を持ちました。

ただ、先ほども申し上げたのですが、海外にいると、日本の不動産屋が、物件に関する情報を、急いで聞きたい場合、あちらから僕に直接連絡することができません。そして、賃貸契約が決まることきというのは、本当に突然です。突然、お客さんが店頭に現れ、その場で色々情報を聞き出し、内見をして、それで決めてしまうことが多いという話は聞きます。

その突然という事態に対応ができないのが、かなり遺憾ですし、それで、潜在的な入居者さんを逃してしまうのが、一番怖いわけです。

そうならないためにも、今日は、少なくとも日本時間の12時と3時には連絡するということは連絡してます。それで何とかなってくれと願うだけです。

どこかの不動産屋が言っていましたが、決まるまでは短い勝負になるともっています。
少なくともこの1週間は、こまめに連絡を取り、なるべく早く決めに行きたいと思っています。

生の入居者募集状況をみなさんと共有したいので、また何か動きがあり次第、
みなさんにご報告させていただきますね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪