今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!
今週も今日で平日最終日。来週の金曜日は3月になるということで、早いですね、やはり。

人気ブログランキング

 

 

今日は融資や金利の話をしていきたいと思います。

現在、融資残高にして約2億円の借入をしている僕ですが、やはり将来の金利動向や今後の不動産融資状況は気になります。

 

昨年、アメリカFRBが段階的に金利を上げていくということを表明していましたが、つい先日、その方針転換する、つまり、19年は金利は上げないという記事が載っていました。この記事を不動産投資的に良い記事と捉えるか、悪い記事と捉えるかは微妙なところですが、目先のキャッシュフローを考えると、良かったと思っています。

 

というのも、日本の金利はアメリカに追随していく傾向があり、アメリカの金利が上がっていけば、日本の金利もそれにつられて上がっていくので、現在のローン返済額より増額になる可能性が高くなるからです。

 

ただし、FRBが金利を上げないという背景には、世界景気が先行き不透明になってきているという実態があり、この世界景気が日本の不動産価格にどの程度影響してくるのか?どういった流れで影響してくるのか?というのは、経済評論家でもないので、詳しいことは言えません。

 

ただ、不動産価格は一般的に株価に連動すると言われています。世界経済が悪くなっていけば、自然と株価も下落傾向になっていくので、それにつられて不動産価格は下がっていく可能性が高いとみられます。

 

そう考えると、売却ありきで賃貸経営をするのではなく、長期で保有しても全然問題ないと言い切れる状況を作ることが何より先決だと考えており、そのためには、コツコツ繰上返済をして、ローン残高を減らすスピードを早めると同時に、月々のローン返済額を減額していくことにより、余力を増やしていくことが大事だと考えています。

 

最終的にどんなに低い価格で売っても、今の自分の残債金額以上では売却できるという状態を作り出せれば、精神的には大分安定しますし、賃貸経営の方も色々アグレッシブに進めていくことが出来ます。やはり、お金は余裕がある人のところに集まるというのは、本当だと思いますし、色々な方とお会いして、それは実感しています。

 

また、日本の不動産融資はあれだけスルガ銀行問題等で騒がれていても、2018年末時点では前年同期比で増えているそうです。下がると思われていた不動産価格も高止まりし続けていますし、今後どのような市況になっていくのか、不透明な部分が多いです。

 

何があっても、自分の物件を持ち切れる体力を今のうちに付けていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪