今日は、週に1回のニュースレターを発行します。

以前から、日本での人口は減少するけど、将来移民が増える可能性が高いから、巷で騒がれているほど、将来の不動産経営は厳しくはならないと、言うようなことを僕が行っていますが、今日、その移民問題に関するニュースを発見しました。

この移民の問題、僕たち大家にとっての問題だけではありません。
人口が減少するということは、それだけ国としての力も落ちるということになります。

しかし、この移民受け入れは良いことばかりではありません。他の国からの人間を受け入れることによって、日本のウリと言える、治安が悪くなってしまうかもしれませんし、その他色々今は予想できない問題が発生するかもしれません。

まずは、以下の記事ご参照ください。(以下引用)

移民受け入れの是非、国民的議論を経て検討すべき=安倍首相
東京 13日 ロイター] -安倍晋三首相は13日午前の衆議院予算委員会で、日本の人口減少への対応として将来的に移民を受け入れるかどうかについて、「わが国の将来のかたちや国民生活全体に関する問題として、国民的議論を経たうえで多様な角度から検討していく必要がある」との認識を示した。

古川元久委員(民主)の質問に答えた。
安倍首相はまた「人口減少は、労働力人口の減少や消費者の減少を通じ、日本の成長力に影を落とす」と指摘したうえで、「わが国の強みを生かし、アジア・太平洋地域の成長する市場を取り込むことが重要だ」との考えを示した。

以上です。

これに関する、閲覧者さんの書き込みコメントも見てみたのですが、やはり、みなさん治安のことが気になるようです。ただでさえ最近治安が悪くなっているというように、これ以上治安が悪くなったら、日本の国としての強みがなくなるという趣旨のことを行っている方が多いように思いました。

確かにそうだと思います。

しかし、これ以上、経済が縮小していってもいいのかな?とも思います。が、これは、政治的議論になってしまうので、ご紹介までとさせていただきます。

少なくとも、人口が減少していくことは間違いありません。
そして、不動産経営が今後厳しくなっていくことも間違いありません。

間違いない事実は、受け入れながらも、不動産投資をやっているからこそ、様々なことにアンテナをはり、その時その時に取るべき最善の策を講じていくことが必要だと改めて感じました。
話は戻りますが、この移民問題というのは、1年、2年で決定することではありません。不動産投資と同じように、長期的な視点で、見守っていくことが必要になりますね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪