僕が所有している1棟では、コロナ前から保証会社経由で毎月1か月遅れの家賃が支払われる入居者がいます。その方は、入居直後に住宅確保給付金を申請したり、管理会社と連絡がつかなかったりいわゆる問題児です。

 

コロナ後に家賃がたまに遅れる入居者が2名発生していますが、どちらも連絡がつくのと、結局は家賃が支払われるという状況が続いているので、この2名は今のところ大きな心配はしていません。

 

幸い、上記3名はいずれも家賃保証会社に加入している入居であり、最悪家賃は保証会社より保証される状況ということで、保証会社が破産しない限りは家賃のとりっぱぐれの可能性は低い状況です。

 

最近、コロナ前から家賃支払いに問題があった女性が滞納2か月以上経過し、とうとう退去かも?という状況になってきたので、今後の保証会社の対応と保証される家賃について管理会社に確認したので、その内容を共有させていただきます。

 

このケース色々とパターンはあると思いますが、仮に室内で亡くなっていた場合、死亡推定日時までしか家賃が保証されないようです。家賃保証としてはこれが最悪パターンです。死亡時の特別清掃費用は入居者保険で出るようですが、その後の資産価値下落も考えると、最も厳しいパターンです。

 

2つ目のパターンは、入居者が居座った場合です。家賃を支払わずに居座った場合は、裁判まで持ち込み、最終的には追い出しの強制執行ということになります。そこまでの労力や費用は全て保証会社負担ということになるようです。しかも、この場合は、強制執行までの間、家賃は保証されるようです。

 

最後のパターンとしては、夜逃げをしていたケースです。

この場合、夜逃げをしているということを保証会社が認知した日までの家賃が保証されるようです。また室内に入居者の残置物が残っていた場合、その残置物の撤去費用及び保管費用については保証会社の負担になるようです。

 

色々な状況からすると、室内で亡くなっている可能性は低い状況のため、上記2つめor3つめのパターンのいずれかになると考えているところです。

 

コロナの状況にもよりますが、例年通りいけば再来月くらいから人の動きが活発になってくるはずなので、可能であればその時期に合わせて募集活動をしたいところですが、こればかりは保証会社の判断を待つのみです。

 

この部屋については、購入後最初に募集をした部屋であり、デザイナーズリフォームをした部屋でもあります。決まりやすいタイプの部屋になるので、家賃保証の期間が切れたら早めに募集できるよう準備をしておきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪