money-256282_1280


先日、このブログを読んでくださっている読者の方とお話する機会がありました。1時間程度お話をしたのですが、大変有意義な時間でした。


その時間内で色々お話をしたのですが、その中で私が感じたのが不動産投資を始めたことによって実際に享受しているメリットの金額です。表面上は、家賃収入からローン返済額を差し引いた金額を収益としてみなしている方が多いと思いますが、実はそれだけではないということに改めて気づかされました。


まずは税金です。不動産所得は給与所得との合算が可能です。従って、不動産所得で赤字を計上すれば支払済みの所得税のいくらかを還付することができ、かつ、翌年度の住民税を軽くすることができます。この影響額というのは、所得税の税率が高い方であればあるほど大きくなります。


よく税金対策のための不動産投資という言葉も聞くかもしれませんが、それは上記のようなことを言っています。


この他に、所得が低くなることによって色々メリットがあるようです。
これは、その読者の方とお話した時に知ったことなのですが、所得が低くなると保育園の費用が安くなるらしいのです。私は結婚していないので、こういった扶養関係のメリットをあまり熟知していないのですが、これも費用が削減できたという意味で大きなメリットです。


不動産投資では借入をする必要があるという意味でリスクがあります。
そのリスクは借入金額という明確な数値で測定可能ですが、逆に不動産投資を始めたことによって得られるメリットの部分を正しく把握できている方って意外と少ないのでは?と思いました。


そして、なんといっても、ローンを完済し終えたら自分のものになります。
現在のローンの返済額が0となり、家賃収入をまるまる自分のポケットに入れることができます。


私のブログはどちらかと言えば保守主義的要素が強いのですが、享受できるメリットはしっかり計画に入れた上で事業計画を立て、最低でも収支トントンでまわせるのであれば、まずは1部屋やってみるべきだと考えています。


先日、昔からの友人とも話をしていたのですが、脱サラリーマンを目指すためには、サラリーマン収入のみに頼っている生活から脱却するためには、まずは給与外収入を作ることが先決です。その金額が1000円であっても、給与外収入は給与外収入です。


私の会社の同期のようにいきなり2億円近い借入を行うのは得策とは言えませんが、自分で負担を背負える範囲内のものであれば、やってみましょう。まずは第一歩が大事です。そんなことを再確認させていただいた有意義な会話でした。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪