aso-138984_1280

 

皆さんおはようございます。

 

今日は土曜日。と言っても、夜飲み以外は特に予定を入れていないので、

空き時間にFP1級の勉強でもしながら、のんびり過ごしたいと思います。

 

今日のお話は、今後こういったケースが多くなってくるのではないかと思い、

私見を述べさせていただきます。

 

このブログでも何度か申し上げてきてはいますが、僕の会社同期に、

地方に物件を所有している人がいます。

彼は、現在、家賃保証システムをとっています。つまり、サブリースということです。

 

この前、このサブリースの形態について、彼に聞いてみたところ、

サブリースの会社は、その地方の地場の不動産屋ではなく、結構離れたところに位置する会社であり、そこから、地場の不動産屋に管理をお願いしているという流れらしいのです。

 

つまり、彼と直接つながっていない不動産屋が管理をしているわけですが、

こんな関係性では、しっかりやってくれない可能性が高いですよね。

ただでさえ、うそを言ったり、言動が一致しない人が多い世界で、

大家と直接つながっていない管理会社がしっかりやるのかは、微妙です。

 

ただ、サブリース契約をしている会社は、家賃保証の金額と、

実際の家賃収入の金額が自分たちの収益費用になってくるので、

彼らはそれなりにしっかりやっているとは思うんですけどね。

 

こういったサブリース契約の怖いのは、もし、サブリースを依頼している会社が、

経営に行き詰ってしまった場合、最悪、家賃保証の金額を減額される可能性があるからです。そのことについて、先日は、説明義務を設けましたが、

これは、勘違いしてしまう人が多発したからなんでしょう。

 

保証という言葉がついているので、なんとなく、所有している限りずっともらえるもの

という理解をしてしまいがちですが、そんなことはありません。

 

遠隔地の物件はこういったことがあるから怖いのです。

自分がそこに住んでいないということで、人任せになってしまうところが。

信頼できる人を、もともとその地で知っているということであれば、また話は違ってくるんだと思いますが、僕は地方に知り合いはいません。

 

自分で見たもの、自分で聞いたもの、自分で感じたものを大事にして、

不動産経営を行ってきている僕にとっては、ある意味、忙しいよりも、

つらい仕打ちかもしれません。。。

 

遠隔地物件を管理するときは、誰に管理を任せるか?

その人は信頼できるのか?ということをまず考えるべきだと僕は思います。

 

利回りを考えると、明らかに地方の物件の方が高いので、

魅力的に見えてしまいますが、自分で管理できないものです。

管理リスクを考えた上で、地方物件は購入していただきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪