今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

1棟マンションを購入してからというもの、あまり明るい話は少ないですが、

今回も明るい話ではありません。と言いつつも、悪い話でもなく中立的な話です。

 

1棟マンションを購入して、もう少しで1年半が経過しようとしていますが、この時期でよかったなと心から思います。今回僕が購入したような20部屋以上もあるマンションで、かつ、入れ替わりの激しい単身向けワンルームが中心となると、必然的に空室回数は増えます。

 

ただ、入居率でいえば、今のところ96%で推移していて、かなり良いとは言えない数値ですが、過度に悪い数値でもないのが不思議です。これは、僕自身がまだ単身向けのサイクルに慣れていないことが大きな要因なんだと思います。

 

と話がずれてしまいましたが、1棟の1部屋で7,8月分の家賃滞納をしている入居者がいます。この入居者は僕がオーナーになってから初めて受け入れた入居者でしたが、夜のお仕事をしている女性ということで、ちょっと抵抗はありました。

 

ただ、お金をかけて内装リフォームした部屋であり、家賃を高くして借りてくれるということだったのと、家賃保証会社の審査は通ったということで、入居を認めました。

 

2か月分の家賃滞納を既にしているとのことですが、保証家賃は入ってきます。また、部屋自体もどちらかと言えば決まりやすい部類の部屋になるので、退去をしたとしても、そこまで競合が低い部屋ではないという意味で、退去していってもやっていけると言えばやっていけます。

 

ただ、現在の保証家賃は入ってきているけど、入居者が家賃を支払っていないという状況はなんだか不気味です。少なくとも、管理会社としてはその入居者に家賃支払いの督促はして欲しいし、保証会社に連絡を行い、7月分の家賃について保証会社の回収状況を確認することぐらいはして欲しいところです。

 

今後はこういった滞納案件は増えてくると思います。

低年収世帯をメインターゲットにしたワンルームマンションではある程度致し方ないことなのかもしれませんが、起こってから対処するのではなく、それが起こっても今回のように保証される体制作りが重要だと思っています。

 

管理会社も多くの物件を管理しています。

その中で僕ほど僕が所有している物件に対して注目しているわけではないと思うので、適度にプッシュしながら、彼らがやるべきことをやってもらえるように僕自身も動いていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪