みなさんこんばんは!

定期借家契約ってみなさん聞いたことありますか?おそらく大家の方でなければあまり聞いたことがない方が多いのではないかと思います。これから増えていくとは思いますが、一般的な賃貸借契約にはまだなっていませんからね。

通常、賃貸借契約は、普通賃貸借契約で結ばれます。どういった契約内容かはみなさんもご存知だとは思いますが、特約等なければ、退去は1か月前告知等、賃借人に有利な契約内容になっています。

しかし、定期借家契約は大家にとって有利な内容になっており、だからこそ、賃借人はそれを嫌がり、未だにこういった形での契約が増えていないというのが現状です。

具体的なに何が有利なの?と思ったと思いますが、如何主のものかなと思います。
①契約期間は自由(普通賃貸借は通常二年)
②原則として契約の更新はできない(普通賃借契約は契約の更新ができる)
③オーナー側から入居者へ退居6か月前に通知義務
④賃料増減額請求を排除できる
大家にとって、滞納する入居者、ソリが合わない入居者がいても、普通賃貸借契約であれば、退居させるのはかなり難しくなってきています。しかし、定期借家契約であれば、更新は認めず、また再契約するということになり、問題がある入居者は、その際に契約を結ばないことができます。

賃貸管理会社にいくと、意外と「契約は普通でよろしいですよね?」と聞かれた。これは、たまに定期借家契約で契約を結ぶ大家が居るからだと思うが、そこで、「いや、定期借家で」と言うと、お客が付きませんよ的なことを言われ、今回はやめておいた。最初はやはりオーソドックスなパターンで行いたいと思っていたから。

しかし、次回以降は定期借家契約も頭にいれ、入居者募集をしたいと思っています!
みなさんは、定期借家契約で賃貸借契約を結んだことはありますか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪