今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただけると嬉しいです。
そろそろ忘年会の日程が決まりはじめてきています。もうそんな時期なんですね。。。

人気ブログランキング



今会社の同期から誘われ、宅建業を開業するか否かで動いている話はこのブログでもシェアしましたが、調べていくうちに色々と壁があることが判明してきています。壁というのはリスクにもなり得ることなのですが、本日はその反対にメリットについてもお話したいと思います。

宅建業を開業すると、レインズという業者間でしか見ることが出来ない物件情報サイトを見る権利が付与されます。これは宅建業を開業することによって得られるメリットです。

それと、自分の会社を買主(自分)側の仲介としてはさむことによって、仲介手数料をゼロにすることが可能です。

この2つが今のところメリットなのかなと思います。

もちろん、先日申し上げた、反復的に海外投資家に日本の不動産を紹介するような事業を行うためには、宅建業の免許が必要になるので、それをやりたければ宅建業開業の必要があるということは言うまでもありません。

それと、宅建業を開業することによって、物件に対するアンテナが鋭くなるのかなと、というのも、海外投資家に物件を紹介するために日々物件を見ていくことになると思うので、否が応でも物件の情報量は増えます。これは投資家としても役に立つ能力です。

しかし、一番のネックはコストがかかるということです。

まず初期費用がかかります。宅建協会に保証金を入れなければならないのですが、今のところ宅建協会への諸々の初期費用、法人設立、簡単なHP作成、事務所賃借料等のスタートアップを見積もったところ、200万円前後はかかるのではないかと思います。

今回は2人でやろうとしているので、1人100万円程度。
この程度の金額であれば、経験をお金で買うと思えるぐらいの金額ではありますが、その後も維持コストがかかるのもまた厄介です。

宅建協会への年会費が年間7万円程度、法人の住民税均等割りが最低7万円、法人税の申告を税理士にお願いした場合は、最低でも10万程度はかかります。それにくわえ、事務所賃借料はどんなに安くても月々2~3万円程度は発生すると思われるので、年間30万円程度とすると、あわせて60万円程度は何もしなくても維持コストが発生します。

それをやるほどビジネス基盤があるのか?
ちょっと今の状況では疑問が残る状況ではあります。
であるなら、投資家としての動きに時間とお金をかけた方が良いのかなーとも思う面もありますが、もう少し熟慮したいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪