今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。
FXを始めて丸々半年が経過しました。ここまで勉強進捗については順調に進んでいます。そろそろ安定した結果を出し始めたいところです。

人気ブログランキング

 

 

今日は昨年秋ごろにこのブログでもシェアさせていただいた宅建保証協会による聴聞会後の審査状況についてです。

 

今回、プロパティマネジメント(株)上村友弥に実質、手付金を持ち逃げされ、苦情の届出を出しているのですが、実際にお金を振り込んだのが昨年4月、持ち逃げの疑惑が出始めたのが昨年7月ということで、大分時間は経過しています。

 

当のプロパティマネジメント(株)上村友弥は、全ての連絡手段をシャットダウンし、今は雲隠れしている可能性が高い状況ですが、そちらはそちらで追跡活動は続けるにしても、可能性としては薄い状況です。

 

もともと、宅建保証協会の審査過程と時間の目安をお聞きしているので、まだ結果は出ていないということは分かっていながら、先日保証協会に状況を再度確認しました。

 

回答としては、現在は苦情の届出が増えてきており、結果が出るのは早くても聴聞会から半年程度ということでした。今は既に中央本部に関連資料や聴聞会の議事録が送付され、ここからは中央本部の審査結果を待つことしかできないということでした。

 

ただし、追加で送る書類があれば受け付けることは可能とのことだったので、聴聞会後の上村友弥とのやり取り及び上村友弥が全ての連絡をシャットダウンしている状況は報告すべきと考えたので、関連するやり取りを印刷したものを送付しました。

 

僕以外の被害者も多数いるという情報は流れているのですが、本当に許せません。

ですが、このことばかりに捉われてもいけないので、これはこれで1つの仕事を割り切って粛々と進められることが出来るようになったのは1つ成長できたのかなと感じています。

 

本件に限らず、世の中で詐欺まがいの事件は多くあります。

自分のお金を他人に託す際にはどんなに信用を置いている人であっても考えて行動するようにしましょう。

 

人生80年だとすると、僕の人生はあと約50年ぐらいあることになります。おそらく、今後の人生で他人にお金を出すということは二度としないと思います。そういった意味で、今回の金額で済んだこと、そして、後のより長い人生で同じような失敗をしない実体験を体験できたことは良いことだと捉えるようにしています。

 

ただ、このように人のお金を横領した人間が普通に生きているのだとすれば、納得できない気もするので、本業が落ち着く来月には警察に出向き、刑事事件として扱っていただくようやれることはやってみるつもりです。これも1つの経験になりますので。

 

保証協会の審査結果は、もう僕が出来ることはほぼないので、気長に待ちたいと思います。出来れば、本業で部署異動がある5月ぐらいまでに知っておきたいところですけどね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪