今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただくようお願いします。
みなさんのポチ数が1つの励みになります。

人気ブログランキング

 

 

先日、僕の会社同期の話をさせていただきました。

彼は会社の信用という属性を使い切ったうえで、辞めたいという話をしていました。

 

最近、転職や独立をする同期が増えてきています。

彼らは今の収入よりも夢を追って、仕事のやりがいを追って辞めていく人がほとんどです。

そういう彼らに言いたいのは、自分の信用を使い切ったか?ということです。

 

これは不動産投資家だからこそ考えてしまうことなのかもしれませんが、

良い会社に所属していると、自分の属性がどれだけ武器になっているのか無頓着になってしまいがちです。なぜならそれが当たり前という世界でずっと働いてきたからです。

 

僕はこういったやりがいや夢を追って大手企業を辞める人たちを尊敬します。

でもその前に、属性を使い切ったうえで辞めた方が、より経済的に豊かな生活に近づけるのに・・・とも思います。

 

昨年の今頃、熱烈に購入したい物件が見つかったのにもかかわらず、

ローンが通らなかったため購入することが出来ませんでした。

10行に審査を通し、全て断られました。

 

この1件を通して、購入したいけど購入できない苦しさ、もやもや感を味わいました。

 

1年経って、また自己資本比率が上がり、数字としても見られる状態となってきましたが、ここでもし年収がより低くなる会社に転職してしまうと、融資枠が低くなるのは目に見えています。

 

だからといって、自分がやりたいことが見つかっているのに、

不動産投資の融資を受けたいがために今の会社に居続ける。

これもこれで、不動産投資を始めたことによって、逆に自分で自分の首に首輪をかけているようなものです。

 

自分がやりたいことがあるのなら、そこに行くべきです。

そういったことに制限をかけないように、より自由の身になるための不動産投資なのですから。

 

でも、辞める際に一旦考えて欲しいのです。

大企業にいる間にやり残りしたことはないのか?使うべきものなのに使っていないものはないのか?そこはずるがしこくなって良いのでは?と思います。

 

さすがに僕の同期のように数億円の融資を組めというのはなかなかできないことですし、僕も推奨はしません。でも、大企業を離れてから、やっぱり大企業の方が良かったなーなんてことが結構あったりします。研修の充実度とかもそうです。

 

安定と刺激はトレードオフです。

今の環境のままで行けば、安定だけど刺激がないなんて方はたくさんいます。

 

逆に刺激を求めると安定がなくなります。

でも、その安定がなくなるのが最初の時だけなのか?それともずっと安定がなくなってしまうのかは分かりません。

 

刺激と安定、どちらも得たいですよね。

そこは貪欲に言っていいと思います。誰もがとらないリスクを背負って不動産投資をしているわけですから。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪