今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

今日は最近発見したことから、不動産投資に結びつけて感じたことを書き綴ってみたいと思います。

 

最近Twitterで大手デベロッパーの関するツイートを多く見る機会があったので、自分でも某大手デベロッパーの決算情報を確認してみました。興味がある業界であるにも関わらず、恥ずかしながら今回初めて確認してみて、感じることが多くありました。

 

その会社は丸の内を拠点にしている大手デベロッパーですが、決算情報の中に、所有不動産簿価と含み益を表示している説明書類がありました。

 

その数値をみて驚愕だったのが、不動産簿価が約4兆円にたいして、含み益が4兆円あり、時価ベースで合算して8兆円規模の不動産を所有しているということです。

 

数字が桁違いであることもそうですが、何より時価が簿価の2倍になっているという事実に驚きました。

 

大手デベロッパーは、拠点となる地域があり、その地域の土地一帯を所有し、それを活かし、不動産事業を営んでいるというイメージでしたが、そういった拠点の土地を過去から保有し続け、最大限有効活用し、収益もあげながら、資産としての含み益もあげているという不動産投資家としては、理想の状態を持ち込めていることがすごいなーと。

 

投資家としては、購入したものを出来る限り長期保有しつつ、そこで収益を得ながら、かつ資産価値も上げていくというのが理想なので、それをまさに実行できている大手デベロッパーの実績はさすがだなと思いました。

 

僕も、購入当時から購入した不動産は可能な限り保有し続けるという方針ではいます。ただ、不動産にも相場があるので、いつかは売却するという目線も多少は考えつつではあります。

 

個人レベルで行っている不動産投資は、素人から購入して、素人へ売却するという流れが最も利益を出しやすいと感じています。

 

出口戦略としては、高値で購入してもらえる素人がいつ出てくるか分かりません。長期保有にこだわりすぎて、せっかく現れた素人がいなくなり、その後現れずということもあり得るので難しいところです。

 

と、とりとめのない話になってしまいましたが、理想は、一生かけて利用し続けられる立地で不動産投資をやることです。そういった立地の不動産利回りは低いですが、値下がりしにくいですし、売らなくても賃貸で回すことができるので、稼ぎ続けることが可能です。

 

資産性を重視した不動産投資は、まだ僕のステージでは早いとは思いますが、そういったステージに移れることを目標に今後も切磋琢磨し、大手デベロッパーのような不動産業が出来ればと思いました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪