今日もご支援ありがとうございます。記事下のボタンをポチっていただけると嬉しいです。

今週末はFX講座の忘年会があるので楽しみです。

おそらく、今後しばらくはリーシング中心の記事になっていくと思います。

それだけ、今注力していることであり、ワンルーム賃貸経営において重要だと感じ始めているからです。

今日は、募集の方法についてお話をしたいと思います。

通常、部屋の募集は仲介会社を通じて行います。

1社だけに募集をお願いする専任媒介と、複数社に募集をお願いする一般媒介があるのですが、僕が原則一般媒介で募集を行っています。

その他に最近色々調べてみると、大家が直接募集をお願いするという手法もあることが分かってきています。例えば、ウチコミというサイトがあるのですが、そこに大家の情報及び空室物件の情報を掲載すると、入居者から連絡が入るという流れです。つまり、大家と直接取引をするということになりますね。

ただ、これが本当に有効な方法かどうかは分かっていません。

この方法で募集をしても良いか?と代理で動いていただいている仲介会社に連絡を行ったところ、難色を示していました。

というのも、こういったサイト経由で申し込みをしてくる方というのは、大概、社会的属性が低い方が多いということからでした。実際に、その電話で話した方が担当している物件で、こういったサイト経由で申し込みが入り、入居したけど、すぐに家賃滞納をしてしまい、もうすでに4か月目に突入⇒内容証明郵便を送るという状況の物件もあるらしいのです。

その方自身が苦い思いを、しかも現在進行中で経験しているからというのもあると思いますが、その会社が提携している家賃保証会社と契約書面で契約を進めるという条件をのんでくれるということであれば、サイトへの登録はしても良いと言われました。

ただ、現地の案内であったり、サイトから連絡が来た場合に、対応する必要があるので、それは僕では対応しきれません。管理会社が動く必要になることも出てくるので、広告料として1か月分は欲しいと言われました。プラスで決まった場合は、そのサイトに1か月分の広告料を別途支払う必要があるので、どちらにしろ従来通り広告料2か月分支払わなければならなさそうですが、ネットを広く張るという意味はあると思っています。

僕の大家の仲間も長期滞納ををくらい、かなり苦労している様子を見てきています。

滞納は空室より怖いので、少しでも疑問を感じたら、対応はしなくてよいと管理会社には伝えています。

ということで、これも新しい試みですが、トライしていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪