今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。ポチ数を励みに書かせていただきます!

人気ブログランキング

 

 

さて、早速ですが昨日の続きをお話ししていきたいと思います。

 

また、今年は不動産業のリスクを改めて認識しました。

4月に被害に遭った手付金持ち逃げの件は、未だに解決に至っていません。

色々と噂を聞くと、被害者は僕だけではなく、多くいるということは分かっています。

ということで、今年に関して言えば、賃貸経営に対する思いはネガティブなイメージでした。

 

また、税務調査もありました。税務については、自分が経理職ということもあり、しっかり証憑関係であったり、数値の根拠は追えるようにはしていたので、大事には至らず、必要最低限の処置で終わりました。

 

そして、税務調査が終わってから、購入した1棟マンションで空室が連続で発生したが、なんとかその空室の申込を全ていただいている状況で年を越せるというのはありがたいなと思っています。

 

今考えると、1棟を購入するまでの約6年半は緩やかに時が流れていったような気がします。とはいっても、やはり終わってみると早いなとも思います。幸い購入した時期が価格高騰する前の時期だったので、ある程度の金額なること、また都内の区分なので流動性は高めという意味で、良い投資になったのかなと思います。

 

ただし、購入した1棟マンションについては、油断すると、区分で蓄積した利益が全て吹っ飛ぶ可能性も否定は出来ないと思っています。都内のJR駅徒歩5分内に位置しているので、地方RCやアパートと比較すると、まだ流動性は高いですが、エレベーター付きの物件なので、突発的な対応を求められる可能性もありますし、部屋ごとの原状回復工事でとんでもない金額になる可能性もあります。

 

そう考えると、何もない状態で、いきなり今回の1棟マンション投資だった場合は、危なかったなとも思ってはいます。

 

今後3年間は保有しようと思っていますが、基本的には区分マンションから入ってくる利益も含め、賃貸経営で得た利益は9割方1棟マンションの繰上返済に毎年回していくという保守的な運用を進めていこうと思っています。

 

そして、サラリーマン収入から生活費を差し引いた金額は貯蓄に回していきます。

その方が、毎年キャッシュフローが改善していくというプラス思考に慣れるので、自分のスタイル的には良いのかなと思っています。

 

今は全く買い増しに関しては考えていませんが、もしあるとすれば、今から5年後以降かなと思います。ひとまず、今の1Kマンションの賃貸経営がある程度回ってきたら次に行けるとは思っていますが、無理をしてまで次にいく必要はないと思っています。

 

おそらく、来年1年間運営をすれば、体感リズムはなんとなく身についてくると思います。

その間に空室対策を中心に精度を高めて、大家としての力をアップしていこうと思います。

 

それ以外にFXで結果が出てくれば、その利益は物件のバリューアップに使っていきたいと思っていますが、これはまだ分かりません。僕の目標としては3月くらいから継続して結果を出せるようになっていきたいと思っているので、時間がある今のうちに、学習や実践をしていきたいと思います。

 

ということで、少なくとも40歳までは今まで通り、現預金残高も気にはしながら、コツコツ返済できるものは繰上返済で返済し、返済比率を下げ、自己資本比率を上げる努力を引き続きしていきたいと思います。

 

40歳になった時に、賃貸経営をやってよかったと改めて思えるよう毎年毎年精進していきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪