今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

東京感染者数がなかなか100人をきりませんが、勢いは若干鈍化してきているのかなーと素人ながら感じています。ただ、ウイルスは安心するとまた蔓延していくので、気は抜けないというのが、経済的影響が大きくなる原因ですよね・・・

 

このコロナの影響をもろに食らっているのが、宿泊業、飲食業、接客業の方々だと思いますが、そういった苦しい業種の店子に対して、オーナーが家賃減免を認めるようにという社会的風潮が強まってきています。

 

実際に、周辺でも家賃減免の申請が来ているオーナーも増加してきており、この社会的風潮にのって、家賃を減免してしまおうというオーナーが増えてきているのは事実でしょう。その中には、本当に苦しい方もいれば、苦しくないのにのっかかっている方もいると思います。

 

この風潮、根本に不動産オーナーはお金持ちという思想があるからだと思います。つまり、一般的には不動産オーナーは社会的強者であり、社会的強者は社会的弱者を守るべきという流れがあるので、こんな話になっているのですが、果たしてそうなのでしょうか?

 

違う不動産ブロガーの方も同じようなことを書かれてますし、Twitterでも多くの方がつぶやいていますが、不動産オーナーも、ローンを背負って運営している方が多く、本当に余裕がある方ばかりではありません。

 

場合によっては、店子の賃料減免を認めてしまうと、一気に破産街道まっしぐらなんて方もいると思います。

 

おそらく、こういった実情を知らずに、オーナーは当面の間賃料減免を認めるべきだというようなことを言っているのでしょうが、そのことが誰かの人生を壊すことにつながるということは強く訴えたいと思います。

 

僕の場合は、まだ店舗がない分、現状被害はありませんが、この話が通常の住居賃料にも適用されると、影響が出てきます。決して他人ごととは思えないんですよね。。。

 

このコロナの影響下、不動産オーナーは余裕なんだろうなとイメージを持っている方がいたら、そのイメージを改めていただきたいです。不動産オーナーだって苦労してるんですよね、それは飲食業や宿泊業の方と同じです。僕たちもローンを背負っています。

 

こんな時にはとにかく手元資金を厚めにもっているかいないかで差が出ます。

僕は慎重に進めていたので、しばらく資金に余裕がありそうですが、引き続き警戒はしていきたいと思います。

 

このまま続くと、非常事態宣言が5/6に完全に解除されるとは思えませんが、少しずつでも快方に向かっていくことを願うばかりですね。しばらく消費は冷え込むでしょうけど、給料も下がるでしょうし。

 

こんな時こそプラス思考でいきましょう!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪