今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。
皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

僕は2011年11月30日に最初の物件を購入し、大家デビューをしたので、ちょうど昨日から9年目大家になります。そして、それと同時に大家としての時間が8年経過したことを意味します。良い区切りですので、今までの振り返り、今後の目標について、2回に分けることになってしまうかもしれませんが、徒然と書いていきたいと思います。

 

僕が大家になった時は2011年は3.11に東日本大震災があり、たくさんの方が被害に遭い、人生について深く考えさせれた方も多かったかと思いますが、僕もその1人でした。

 

今のままサラリーマン生活をおくっていて本当に幸せになれるのか?自分自身で納得できる人生を送れるようになるのか?

 

普段からこういったことは考えていたものの、こういった大震災が起こり、より深く考えていたのが2011年だったと記憶しています。

 

特に僕の場合は、最初は商社で営業になりたくて入社したのが、ずっと経理畑で働いていたので、それに対して不満もありました。とこれは、今となっては良かったと思っていますけど。

 

その当時は今よりも独立心が強く、起業したいという思いを持っていました。ただ、だからと言って、いきなりゼロからビジネスを作り出す度胸や勇気、能力もなく、まずはある程度少しでも良いから他の柱となってくれる給与所得以外の所得を作り出そうというのが僕のテーマでした。

 

そして、2011年は色々と本を読み漁っていた年でしたが、不動産投資だ!と思い、周りに誰か知っている人がいないか聞きまくっていました。

 

ですが、25歳という投資家としてはかなり若い年齢で不動産投資をやっている人がいる訳もなく、聞ける相手がいないということに困っていたのですが、ある時、その当時通っていた社外のビジネススクールで会った友人が不動産投資をやっている、紹介できる人もいるということで、不動産コンサルをやっている方を紹介してもらってからが全ての始まりでした。

 

そして、投資の勧誘を受けました。今までローンを背負ったことがない僕にとっては、かなり大きな金額だったので、かなり悩みました。悩みに悩みまくり、後にも先にもその時にしか経験したことのない血尿まで出ました。

 

そして、下した決断は投資実行でした。

 

そこから1,2か月はかなり忙しかったのを覚えていますが、最初はとにかく不安だらけでした。でも、それと同時に大きな希望が生まれました。

 

当時購入した5戸の区分所有マンションは全てオーナーチェンジで購入したもので、最初から家賃が入ってくる物件しかなかったので、最初から苦労したことはありませんでした。

 

しかし、購入直後にいきなりトラブルが起きました。

それが、購入した1戸の修繕積立金が購入直後に2倍になってしまうという事件です。

 

その後の調査で、修繕積立金が2倍になってしまうことを売主は確実に知っていて、それを告知せずに売りつけたというのが結論でした。初期にしていきなり不動産投資の怖さを実感したわけですが、運営自体は初期から今までどちらといえば順調に推移しています。

 

既に15回以上の空室対策をしていますが、3か月半というのが最長の空室期間です。

それは、最寄駅から徒歩5分圏内というルールを守っているからということと、空室が出た都度地場の業者にマイソクを配って、自分で宣伝しているというスタイルが効果を生んでいるのかなと勝手に思っています。

 

というのが、9年目に至るまでの軽い経緯ですが、その時その時はかなり苦労したり悩んでいたことはありました。でも、一旦解決すると喉元過ぎれば熱さを忘れるという感じで、普通に戻ります。

 

ちょっと長くなってしまったので、8年の不動産投資を通じて思うことや今後の抱負については、明日投稿させていただきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪