今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

毎週水曜日はFXのトレード分析共有会ということで、夜9時からWEB上の勉強会に参加しているのですが、そこで刺激を受けることが多くあるともに、投資として、不動産とFXを比較する良い機会になっています。

 

不動産投資を始めてもうすぐで8年になろうとしていますが、不動産は流れがゆったりです。8年という期間は聞くと長いですが、過ぎてみるとあっという間です。昨年にトラブル事項が多発したものの、何とかやっているというのが今の状況です。

 

一方、FXトレードは、リアルトレードを始めて、もうすぐで1年が経過しようという時期ですが、不動産と比べると動きが激しいなと。

 

不動産でいえば、全室一気に空室になったり、全室一気に埋まったり、短い時間で起こってしまうような感覚がFXです。

 

不動産投資は流れは緩やかですが、扱っている金額が大きく、その金額を考えてしまうと、夜寝れない、不安でしょうがないという方もいます。僕も8年前の購入直後は、かなり怖かったのを覚えていますが、結局、毎月のキャッシュフローが回っていれば、大きな事故にはならないということをこの8年間をもって経験しているので、今は負債の金額より、毎月のキャッシュフローをみています。

 

不動産の場合一番怖いのは、売却損なのかなと今は思っています。

特に僕はどちらかと言えば、価格が高い時期に購入したので、ここ直近で売却すると必ず売却損が発生します。その売却損が、金額規模が大きければ大きいほど、大きくなるので、売却損を自分の資金で賄えない場合は、売るに売れない状況が続き、そのような投資家は最近多いと思います。

 

一方、FXの場合、長くてもポジションを持つのは数週間という方がほとんどなので、自分の裁量で損失を制限できます。ただし、むきになって損切りせずに含み損のポジションをホールドしてしまい、人によっては数千万円レベルで損失を被る。ということも十分あり得る怖い世界です。しかも、それが数日、数週間で起こってしまう世界なので怖いですよね。

 

ただ、FXでは、初めて1年以内の方で、既に1か月100万円を超す利益をあげているかたもいます。みんながみんなそうなるはずはないのですが、不動投資ではどう頑張ってもその金額まで1年以内で到達することはできないので、FXは夢のある世界です。

 

不動産投資は、大損はしないけど、大きな利益を享受するというのも難しいという意味で堅実な世界なのかなと。

 

ベースの収益は堅実世界で作り上げ、余剰資金の一部を夢のある世界に突っ込んでいくというのが、あるべき流れだと思っていますし、近い将来そのような流れにしていきたいと思っています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪