今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

今年のやり残したこととして挙げていた夜逃げ部屋の残置物撤去ですが、やっと保証会社が対応してくれました。そしてその後自分でも現状を確認し、原状回復工事の内容を今詰めているところです。

 

そもそも、なぜ保証会社は残置物撤去の日程をできる限り遅くしていたのか?

これについて僕は彼らが怠慢だからという理解をしていたのですが、実はそれは違って、正しくは前入居者に対応させたからということでした。

 

前入居者の許可なく残置物を勝手に撤去すると、前入居者より言いがかりをつけられ、その残置物の中に高価なものがあったので、その金額を賠償して欲しいという訴えを受ける可能性があるようです。

 

実際に、今お世話になっている管理会社の担当者も過去に管理していた物件で同じようなことを経験したことがあり、その際は大家の方がカッとなって自分で夜逃げ入居者の残置物を撤去したところ、その残置物の中に高価なものがあったという言いがかりをつけられてしまい、800万円の請求がされたようです。

 

普通に考えると、そもそも夜逃げをしている時点でその方が不条理な行動をしていることは間違いないのですが、法律的には残置物は前入居者所有のものであり、勝手に撤去してしまうと、その中にそんな高価なものはなかったといくら訴えても、認められにくいということでした。

 

僕は最悪自分で残置物撤去をしようと思っていたのですが、この話を聞いてひとまず自分での対応は控えることを決めました。そもそも鍵は保証会社預かりでしたので、対応はできない状況でしたが・・・

 

結果的に保証会社が設定していた日時までに前入居者からの連絡はなく、彼らも諦め、自分たちで残置物を撤去したというのが今回の流れになります。

 

今の1棟を所有してから、複数回保証会社にはお世話になっていますが、僕が所有しているような低収入者向け賃貸物件にとって保証会社は神様のような存在です。彼らの保証がなければ家賃をとりっぱぐれていることが何度もあり、収益には大きな影響を与えていたことは間違いありません。

 

それはそれで、正式に入居者募集できることになったため、募集活動を本格的に開始していきたいと思います。今のところほかの部屋の解約通知は出ていないので、まずはこの部屋を埋めることに注力し、残り数部屋出てくるであろう繁忙期での入居者募集にも備えていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪