今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

昨日の続きになりますが、今まで全く関わりのない業者に建物管理の見積もりをとってみました。見積もりをとったところ、驚愕の数値でした。

 

当初の予想としては、直接巡回清掃や定期清掃、そして消防点検、貯水槽点検を行っている業者であれば、安くなるだろうと思っていたのですが、結果としては逆に外部の業者の見積もりの方が高く出てきました。

 

例えば、巡回清掃ですが、僕は今月2回で依頼しているのですが、今の管理会社は1回5,000円、僕が今後お願いしようと考えているリフォーム業者は1回4,000円という水準だったのが、その外部業者は1回9,000円で見積もりを出してきました。

 

月に2回あるので、これだけでも月々の経費が1万円あがります。

この時点で、この業者に委託することはないなーと思って、あまり詳細は見ないで終わりました。

 

ただ、これである意味、今の管理会社かリフォームでお世話になっている業者に委託することについて、抵抗はなくなりました。ここまで高額な建物管理費用の見積もりを出して売る業者がいる時点で、今僕が任せている会社やこれから任せようと考えている業者は安いと分かったためです。

 

あとは賃貸管理との兼ね合いも含め、決めていきたいと思います。

一番理想的な流れは2月中に現在の空室が埋まり、心置きなく自主管理に移管していくという流れです。

 

この流れであれば、現在の管理会社とは長期的にお付き合いすることはなくなっていくので、長期的な関係構築も見据えた建物管理の委託も考える必要はありません。

 

RC造の物件、所有してみて分かりますが、やはり維持運営コストがかかります。もともと知識としてはありましたが、実際の経験がなく、自分のこととして考えられなかったのですが、体験すると痛感します。

 

ただ、RC造だからこそ、騒音や漏水の被害というのは所有してから1回もなく、管理会社からは手のかからない物件だと聞いています。

 

現在築年数28年の物件なので、10年後は38年になります。そして、その時にまだ所有している可能性は十分にあるので、やるべき管理はやりながらも、他の案件と同じようにコストパフォーマンスを考えて、こちらも動いていきたいと思います。

 

常に自分に選択した判断に後悔しないよう、建物管理についても、考えて答えを出していきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪