rocket-969_1280

 

皆さんおはようございます。

 

今日からクールビズ制度が解け、通常通りネクタイを付けることになります。

この半年程度、楽々な生活が習慣になっていたので、かなり抵抗がありますが、

サラリーマンだから仕方ありません。経理マンはネクタイなんて必要ないんですけどね。。。

 

変化はチャンスという言葉よく聞きますが、

不動産投資にしても、同じことが言えます。

 

特に、不動産投資は、税制、法制度の変化がもろに影響を受けます。

先日、タワーマンションの税制改革が考慮されているというニュース見ましたが、

これも大きな変化ということになります。

 

街頭インタビュー的なものをやっていましたが、

全般的に、低層階の人は大歓迎、高層階の人はなんで今になって?

という感じでした。

 

そりゃそうですよね。

今までは、低層階であっても、高層階であっても、同じ水準の固定資産税・都市計画税収めていたのが、売買価格がより高い高層階の人の税金負担を増やし、

売買価格がより低い低層階の人の税金負担は減らすということになれば、

勝つ人、負ける人が出てきます。

 

ただ、この制度は、2018年から始まるそうで、それまでに、

タワーマンション高層階を購入した方は、従来通りの方法で課税がなされるようです。

そうなると、駆け込み需要的なものがまた発生するんだろうなと思います。

 

また、従来通りの方法で課税がなされている高層階のタワマンを購入している方は、

より高い価格で売却できる可能性も出てきました。

 

このように変化が発生すると、それを味方につけられる人、味方につけられない人が

出てきます。一番ダメなのは、そういった変化に無到着な姿勢です。

常にアンテナを張って、この変化は自分にとって得なのか?それとも損なのか?

をしっかり考える行為そのものが不動産投資家としての成長を促します。

 

普通に不動産を購入し、それを人に貸すということを繰り返していれば、

着実に良い資産を築き上げていければという前提ありきですが、

それなりに、うまくいくでしょう。

 

それでもうまくいくのですが、風に乗れれば、その拡大スピードが早くなります。

その風に乗れるか乗れないかは、自分次第というのがあります。

 

タワーマンションで不動産投資をやっている方というのはあまり聞かないので、

今回の変化で恩恵を受ける不動産投資家というのは少ないかもしれません。

今後、建替えに対する促進政策が進んだり、更新料の取り扱いが変わったりするかもしれません。そういった変化が起きた時に、それを変化だと思える知識はつけておくようにしましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪