今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただけると嬉しいです。
都心に引っ越し2ヵ月。生活が大分板についてきました。

人気ブログランキング

 

 

昨年も進めていた資産整理ですが、昨年は設定価格が高すぎということもあるのと、売り先のターゲットについてあまり議論をしていなかったこともあり、1件も決まりませんでした。

 

今年も引き続き資産整理をしていくということは、昨年たてた今年の目標の1つではありますが、僕の金融資産の状況、将来の資産規模の目標を伝えると、誰からも言われるのが、今ある区分所有は整理した方が良いという回答です。

 

仮に残債がないものであっても、区分を所有していること自体が銀行からマイナス評価となり、その後の融資が伸びていかない。

 

ただ、どこまで整理するかというのは僕自身の判断になります。

今所有している不動産を全て売却するのか?それとも、ローン残債があるものだけ売却するのか?という判断です。

 

これに関しても、今後の規模拡大を考えると、現金を最大化することが大事であり、現在ローン残債がない物件も含めて売却していった方がキャッシュ残高は大きくなります。その代り、全部売ると家賃収入は一旦なくなります。

 

まずは現状の売却査定額を知ることが第一ステップかと思います。

その中で、残債があるものについては、最悪、残債トントンぐらいで売れれば良しとすれば、現実的に売却できる価格にはなってきます。

 

どの時代でも、共通して言えることは、資産規模を拡大していきたいのであれば手元資金を出来る限り多く持っておくということです。これは絶対的な鉄則だということを最近痛感し始めています。そして、個人としてはあまり借入はしない。これも本当に家賃収入だけで不自由なく生活していける規模まで拡大したいのであれば、鉄則でしょう。

 

少なくとも、今年は残債がある物件3部屋の内、2部屋は整理出来ればと考えています。それと同時進行で、新規物件の購入検討も進めていきます。

 

売却に関しては、今年全ての整理をしなかったとしても、時間をかけて区分は全て処分していく流れになっていくと思います。売却するタイミングとしては現在の入居者が出たタイミングというのがベストですが、その時々で臨機応変に動いていきたいと思います。

 

ひとまず、5部屋の売却査定を評判の良い大手3社に依頼したので、今週来週は売却査定がらみで夜はほぼ埋まってしまいます。しっかり自分の売却意図を伝え、出来る限り高値で売れるように動いていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪