みなさんおはようございます。

売主が、不動産を売却するということは、それなりの理由があってのことです。自分自身に何も問題がなく、キャッシュフローも順調に生み出してくれる物件であれば、売却はしないでしょう。ここでは、その売主がどういう環境にいるのかということを説明したいと思います。

まず、皆さんが、購入申込までした物件というのは、それなりの物件なはずです。従って、「これだけいい物件なら、私以外にも買い手はいるよな・・・」というような、疑問は常に持ってください。

そこで、売主の売却理由としては、主に以下の目的が考えられ、そのどれに属するかということ最低限知っておく必要があります。

1.転売目的
2.資金需要
3.破産整理
4.相続関連

1.転売目的は注意が必要ということは第一部のところでも、申し上げましたね。それ以外にも、その他の2.〜4.の部分では、相手の売り急ぎという事情から、即断即決が求められることもあります。そういう場合も注意が必要です。

そもそも、なぜ安く売る売主がいるのか?以下のような理由が考えられます。

①一日でも早く現金化して本業の運転資金に回したい
②破産して現金化したい
③当然相続で所有者になり、居住者から文句を言われるのが嫌だ。

いずれにしろ、質問を繰り返し、売られる訳を探っていっていく姿勢は持ってください。疑問を持ったら、すべての疑問を解消するようにする。これ大事です。不動産は購入後に、失敗したと気づいても後の祭りです。

最後に、売主が課税事業者の場合、消費税をできるだけ抑えるために、建物価格を安くしたいという考えがあります。ですが、買主としては、建物分の減価償却費をより多くするため、建物価格を高くしたいというのが基本的な考え方です。

この点、売主と買主で、正反対の考えになっているということを知った上で、交渉に臨んでください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪