今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。
皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

今週は早くも水曜日ということで、気持ち的には大分楽です。

ただ1つ心残りなのが、昨日のブログの記事でアップした空室対策です。

やはり、大家としては満室経営していきたいという思いを持つのは普通ですからね。

 

最近、珍しく月9のシャーロットというドラマにはまり始めているのですが、今回は地面師グループの詐欺事件がテーマとなっていました。実際、以前にどこかの大手企業が数十億円をこの地面師グループにだまし取られたという事件がありました。

 

そのグループの一部は既に捕まっており、確か主犯格の人物も捕まったと記憶していますが、物件の所有者からすると、自分の知らないところで、所有権移転がなされるなんて怖くて仕方ないですよね。

 

ただ、この取引、最終的に損するのは騙されてお金を支払った買主になります。

法律的には善意の所有権者には過失はないので、権利を主張すれば、自分のものとして引き続き所有することが出来ます。

 

こういった詐欺事件ですが、自分の身には降りかからないだろうと思っていることは危険です。実際、僕は昨年手付金持ち逃げの被害に遭っています。そして、そういった被害に遭っても、誰も助けてくれません。加害者を追い詰めようと思っても、たった1人だけのため、または、被害総額が数億円レベルのものでは、警察は動いてくれません。

 

なので、詐欺事件にあった時は、まだ相手を追い詰められる状況下にあるのであれば、できる限り追い詰めるべきですが、追えない場合は、ある程度の覚悟を持ってその後の生活を考えて行く前向きな姿勢も必要だと経験から思います。

 

どんなに追っても、電話番号を変えられ、海外や他の場所に逃亡されてしまっては、追及はかなり難しくなります。ただ、そういう輩はいずれまた表舞台や同じ業界に戻ってくる可能性もあるので、長期的にアンテナを張っておくことぐらいはしておくのは良いかもですが。

 

いつまでも、過去のマイナスを抱えていても、良いことはあまりありません。

大事なのはそれを糧にして、同じことが二度と起こらないようにするということです。

そのためでできる限りの対策はすべきです。

 

僕の場合は、まずはしばらくは不動産取引からは身を引き、現在の資産を最大限有効活用し、キャッシュフロー状況を改善し、心により大きなゆとりを持てるレベルまで我慢するというのが今のところの対策です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪