みなさんこんばんは!

今は、スカイプやLINEなど海外からでも無料で通話できる媒体があるので、海外から不動産管理をする人にとっては、非常に助かります。が・・・スカイプやLINEを使いこなせる不動産管理会社が意外と少ないことに、中国についてから気付きました。

以前の記事にも記載しましたが、不動産管理会社の方々はアナログの方が多いのが事実です。中には、パソコンを使ってEメールすらできない方もいました。そういう方に限って、意外と仕事は出来たりするんですけどね。笑

そこで、海外から不動産を管理する際には、必ず、国際電話を使う機会があると思います。頻繁に使わないにしても、やり方によっては、大分コストがかかってしまいます。そこで、どうやったら、国際電話の料金の料金を下げることができるか?現地のケータイを使用して、国際電話をかけるのが、最も安い方法だと思います。中国で言えば、今現在僕が使っているケータイは、1分2元(約32円)です。おそらく、日本であれば、100円〜200円程度します。

僕は、最初の方は日本のケータイを使用し、国際電話を使用していました。しかし、10分程度しか電話していないにもかかわらず、1,000円を超えるお金の請求が来て、困っていたところ、中国のケータイからかけたほうが大分安くなることに気づきました。中国のケータイは、最初にある設定をしないと、国際電話をかけることができません。

その手続きを面倒くさがって、国際電話を日本の携帯電話からかけてしまうと、長期的に見た場合は、かなり差がつきます。なので、皆さんの中で、もし、海外で勤務しながら不動産を管理する方がいましたら、こういった連絡方法も是非選択肢の中に入れて頂けたらと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪