みなさんこんばんは!

海外に在住するようになってから、インターネットバンキングを使用し、送金することが大分増えました。そのことにより、銀行手数料により注意が行くようになったのですが、今日はその銀行手数料について、お話したいと思います。

僕が現在口座を開設している、銀行の中にネット銀行はありません。その中でも、僕は新生銀行のサービスは素晴らしいと思います。新生銀行は月の銀行残高平均が200万円以上であれば、その月の銀行振込手数料が5階まで無料になります。しかも、新生銀行のキャッシュカードを持っていれば、海外でも現金を引き出すことができます。もちろんその際に、その国の通貨に変換する過程で手数料が生じますが、ほかの銀行と比べ安いです。

反対に銀行手数料が無条件にかかってしまう銀行もあります。というよりも、そういった銀行がほとんどです。なので、僕は新生銀行にお金を貯めるようにしています。そうすれば、何かあったときに、振込手数料が5回まで無料なので、非常にありがたいからです。

しかし、日本の銀行から中国の銀行に振込はできないのか?逆に、中国の銀行から日本の銀行に振込をすることはできないのか?個人の口座を使って、2国間の送入金を行なっている人は見たことがないので、おそらくできないとは思いますが、近いうちに調べ、またこの件はご報告したいと思います。

1回315円程度の小さなお金ではありますが、不動産投資のスパンを考えると、蓄積していったらドンでもない金額になる可能性もあります。削減できるコストはできる限り削減すべきだと思いますので、皆さんの中で、もし、毎月銀行振込手数料を払っている方がいましたら、この機会に、対策を考えてみてはいかがでしょうか?ネット銀行も含め、今は銀行によって様々なタイプの口座、規定がありますので、必ず対策は見つかると思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪