みなさんこんばんわ!

不動産投資を行う上で、初期設定というのは、かなり重要なポイントです。「立地」、「売買金額」、「金利」等色々ありますが、今日は、、その初期設定の際に考慮すべきポイントの一つである「収益不動産の種類」について、お伝えしたいと思います。

収益不動産は私の考えだと、主に三つあります。
1、新規区分マンション
2、中古区分マンション
3、一棟アパート・マンション
今日は、1、新規区分マンションのメリット・デメリットについてお伝えし、次回に2.次次回に3.のメリット・デメリットをお伝えします!

☆私が考える新規区分マンションのメリット☆
・新しい
・すべての段取りを分譲会社・販売会社が行なってくれる
・最初の数年は相場より賃料収入が高い
・最初の数年は管理費・修繕積立金が安い
・最初の数年までは還付金がある

☆私が考える新規区分マンションのデメリット☆
・分譲会社の利益が含まれるため購入資金が高い≒利回りが低い
・初期の賃料が高く、相場賃料に戻った時の下落幅が大きい
・分譲会社の関連管理会社の場合が多く、管理組合の決定事項も管理会社主導になる場合が多い
・簡単にできるようなシステム・商品にしてから販売するため、ローン会社もほぼ決まっており、エリアも分譲中の場所しか選べない

以上が、大きなメリット・デメリットかなと考えています?

みなさんは、新規区分マンションのメリット・デメリットについてどのようにお考えでしょうか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪