今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

台風19号からもうすぐで2か月が経過しようとしていますが、今回は被害者が多く、修繕業者のスケジュールが一気にパンパンになったことから、まだ修繕が出来ていないという大家の方もちらほら聞きます。

 

僕の方は、今ペンディングになっている工事が若干ありますが、遅くとも12月中には終わるだろうと言われています。

 

一方、保険金請求書は11月下旬に送付していますが、現状、保険会社からの振り込みは確認出来ていません。ちょっと遅いなと感じたので、保険会社に僕が行った請求のステータスを確認したところ、受付はされているようです。ただ、状況については担当支店に確認してくれとのことだったので、ひとまずはそこまでの確認でとどめておきました。

 

今までの流れを考えると、少なくとも今回の立会いはないということです。

現場に鑑定人を派遣する場合、遅くとも請求書送付から1週間以内には保険会社より連絡があります。現時点で何も連絡がないことを考えると、今回は前回の台風15号と同じく、送付した被害箇所の写真での審査になりそうです。

 

今回は見積書作成に大分時間がかかりましたが、単価の部分の調べで時間がかかりました。

ということで、写真のみの審査であれば、大きな減額はないとみています。

 

保険金が入ってくれば、財務的には大分助かります。

そのお金をすぐに使うことはなく、将来的に発生するであろう、給湯器の交換、ガスエアコンの交換、玄関ドアの交換にそのお金を使っていきたいと思っています。

 

幸い、今年は台風被害以外で大きな修繕は発生しませんでした。しかし、今後は発生してくる可能性は高くなっていきます。なぜなら、建物が老朽化することによって、破損リスクは高まっていくからです。

 

なんでもそうですが、正規に請求できるものであれば、請求できるときに受領できるものを受領しておくべきだと思います。意外とこれ、出来てない人が多いと思います。

 

僕も規模の大きい1棟マンションを所有したからこそ、この保険金の重要性に気づきましたが、区分のみの所有だった場合はこの重要性に気付かなかったかもしれません。

 

今年はフルに活用でき、何回も自分で請求を行ったので、そういった面でも大家力がアップしました。毎年毎年いろんなことが起こりますが、目の前のことを全力でこなしていけば自然と道は開けていきますし、結果が良い内容となることが多いと感じます。

 

保険金請求については、大きな影響を持つ金額となっているので、しっかりフォローしていき、必要に応じて適正な金額の保険金が下りるよう、交渉していきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪