今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

今年は7月発生の台風は珍しくゼロということだったので、昨年と比べて台風被害が少なくなることを期待していたのですが、台風9号は沖縄に被害を及ぼしそうですね。。。そして、台風10号も同時に強い勢力になる可能性が高く、こちらも被害を及ぼしそうです。備えが必要な時期に差し掛かりつつありますね。

 

昨年は9月上旬と10月下旬あたりに大きな台風が発生し、僕が所有する1棟マンションにも被害が発生しました。しかし、いずれも保険請求が可能な被害だったため、自己負担は特に発生していません。

 

地球温暖化に起因する台風の巨大化は今後顕在化していく恐れがあり、毎年この時期は大家にとっては怖い時期になるかと思います。その際に、事前対策としてできることっていうのは少ないのですが、少なくとも、自分が入っている火災保険がどういった範囲で適用されるのか?というのは把握しておくべきだと思います。

 

もしくは、自分での判断が難しいと考えるのであれば、保険について詳しい方と知り合いになっておくことだけでも大きいと思います。保険請求はそれまでに経験がない方が行うと、補償されない範囲を請求してしまう、逆に補償される箇所なのに請求し忘れてしまうということが起こってしまうので、適宜アドバイスをもらいながら、請求手続きを進めることもありです。

 

代理店に確認を仰ぐという方法もありますが、協力的な代理店と非協力的な代理店で差が大きいので、第三者的なアドバイスをもらうために、1人でも保険に詳しい方をおさえておくというのが、台風に対する1つの大きな備えになっていくと思います。

 

そして、大きな台風で被害が発生した場合は、後々の補助金制度活用の可能性も考えて、罹災証明書の発行を物件所在地の役所にお願いしておくということもやっておくべきことかと思いまス。

 

僕は、以前こういったことを先輩の大家さんにお聞きしたことがあり、昨年は2枚の罹災証明書を発行してもらいましたが、その際は何の役に立つか分からずでしたが、結果的にはその後の補助金申請等で、どちらの罹災証明書も効力を発揮してくれました。

 

役所によって書類名が違ったり、罹災証明書発行までの手続きが異なったりしますが、まずは1回発行のお願いをしてみることをお勧めします。1回発行をしてしまえば、次からは同じルートで発行のお願いをするだけですので。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪