今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただけると嬉しいです。
相変わらず暑い日が続きますね。あと1か月後には涼しくなっていると良いのですが・・・

人気ブログランキング

 

 

トラブル続きの7月でしたが、8月になって続々とポジティブなニュースも出始めています。正直、7月は悪いことしかなかったので、吐きそうなくらいなプレッシャーがあったのですが、1つずつ片付き、落ち着きが戻り始めました。とはいっても、まだ、全て解決したわけではないので、引き続き気は引き締めていきたいと思います!

 

ということで、そのポジティブなニュースの1つが今日のネタです。

購入時に受水槽の2つあるポンプの内、1つのポンプが壊れていることが判明し、機械室に行ったら、購入前の時から既に壊れていたという張り紙があったことから、売主業者の瑕疵担保責任でしょうという話がありました。

 

この話は、発覚してから実際に工事依頼をするまで1か月程度かかりましたが、継続的にプッシュをし続け、工事依頼までこぎつけ、その業者にて瑕疵担保責任で全額負担いただける形になりました。

 

ただ、色々懸念点があり、ポンプ自体を交換したからといって、もしこのトラブルが機械室の電気的な問題である場合は、機械室の不備も修理する必要があり、それは今回の工事見積金額には含まれていないので、その場合は追加出費になってしまうという話があり、恐れていました。

 

結果的には、配線自体の漏電が見つかり、それが追加出費になってしまいましたが、金額にして5万円以下ということで、そこまで大きな出費にならず、この金額程度であれば、おそらく業者にて負担してくれることと今は考えています。

 

ちなみに、今回の受水槽工事ですが、自費でやった場合は、250万円以上300万円以下の出費になります。仮に、売主が個人で、瑕疵担保責任がなかった場合は、今回の費用は全て自費で対応しなければいけないという状況だったので、三為で購入してよかったーというのはあります。まあ、その分、利益を抜かれているということは否めませんが。

 

その他にもこの業者からはシミュレーション誤りの補償ということで、一定金額を謝罪金ということでいただいています。そして、この業者と取引をするために、その当時に入れていた手付解除の費用も持ってもらったものもあります。

 

500万円の手付持ち逃げだけの話だけで見れば、損をしたことになりますが、まさに捨てる神あれば拾う神ありという言葉通り、悪いことばかりではありません。

 

ひとまず、大きな心配が1つ減ったので、今後は入居者募集の方に集中していきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪