今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

昨日の吉報から1日空けて、まだ信じられない気持ちです。

手続き的なことがあるらしいので、実際の現金はまだ返ってきていないという意味で、まだ完全に安心できない状況ではあり、緊張感は持っているので、今のうちに次回に向けた反省点を示しておきたいと思います。

 

まず、第一はネット上でネガティブな情報がある初見の相手とは取引をしない。

これは今後守っていきたいと思っています。

 

今回被害に遭った上村友弥氏は、ネット上でネガティブな書き込みが多く、その情報があるにもかかわらず、実際にお会いし、巧みな話術にのせられて結果的に騙されました。そして、僕以外の被害者も多くいることも知っています。

 

こういった経験から、初めて取引をする相手に対しては、必ず個人名や会社名をインターネットで調べ、ネガティブな情報が載っていたら、取引はしないということを今後もし新たな不動産を購入するのであれば徹底していきたいと思います。

 

ただ、初見の相手は絶対に取引をしないとしてしまうと、相手が限られてしまうので、そこまではしません。でも、基本は投資家仲間から紹介を受けた業者との取引になっていくのだと思います。こういったことが1回あると、初見の相手とは取引は怖くてもうできませんね。

 

次は当たり前のことなのですが、お金の授受がある場合は、契約書や覚書など書面上のものを基に支払うことを徹底し、可能であれば、その際の音声記録を残すようにするということです。

 

今回宅建協会に認証された要因としては、持ち逃げされた後、実際に彼と会うことができ、かつ、その際に彼が持ち逃げを認める場面の音声記録を取れたことも大きかったと思っています。

 

また、相手も音声でとられているとなれば、嘘は言いにくくなります。自分を守る手段として、書面上のものを残し、かつ、音声も残せるようであれば残していきたいと思っています。

 

そして、何より「損をしない投資」を念頭に動いていきたいと思います。

損をするのであれば、投資をしないほうがマシという考えは強く持っていきたいと思います。

 

僕が被害に遭った当時は、物件が欲しくてしょうがない状況でした。

それゆえ、不動産購入に前のめりになりすぎていて、購入すべきでない物件を購入する可能性がありましたし、業者からその態度をみて、足元を見られたということもあったと思います。

 

もう来年からは10年目大家になります。初心者とは言えない歴になってきましたので、負けない投資を念頭に、コツコツ積み上げていく意識で自分が思っていることを成し遂げられる人生をおくっていければと思っています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪