a0001_013831-thumbnail2
みなさんおはようございます。

今日は、朝起きたら、既にサッカーの試合が終了しており、コロンビアが負けたことがすぐ分かりました。日本と同じリーグのチームだったので、負けたのは残念に思いました。
また、今さっきニュースみたんですが、今大会の主役といっても過言でないほど、
活躍、前評判が高いネイマール選手ですが、腰腰椎を骨折したようで、W杯でのプレーは不可能とのことですが、これも非常に残念です。膝蹴りの動画見ましたが、えぐいですよね、しかもレッドカードにならないという。スポーツはやはり、フェアプレーに限ります。

今日、1月1日に撮った半年後の自分へという10分程度のビデオレターを見ました。

あのビデオを撮影してから、もう半年が経ったのかと感傷に浸ると共に、いろいろ刺激を受けました。僕は毎年、1月1日に半年後の自分へ向けたビデオレターを撮ります。

いつもは、明治神宮で初詣をした後に、その帰り際、一緒に行った友人と撮るのが恒例だったのですが、今年の年越しは中国で過ごしたため、一人寂しく撮りました。

内容としては、やはり、自分が自分に送っているメッセージだけあって、的を得ているものが多かったです。

ビデオレターの中に、半年後の自分はこうなっていると思うけど、というくだりのメッセージがあったのですが、それ通りになっていることもあれば、それ通りになっていなこともあり、それ通りになっていないことに関しては、このビデオレターを機に、あるべき形に方向転換していきたいと思います。

具体的な内容としては、中国語の勉強、コンサルタント事業の規模、ファイナンシャルプランナー&宅建の勉強状況、中国での生活について、半年後のあるべき状況とあってなければ、頑張れてきな内容だったのですが、自分のペースでできる、勉強関連。上記で言えば、中国語、試験勉強等は今年初めに計画していたとおりの姿に近い形になっているのですが、違う人が絡むものに関してはあまり上手くいっていないものがありました。

例えば、コンサルタントの事業規模ですが、収益はあがっているものの、目標としていた数値とはまだ程遠い数字、そして、中国での生活ですが、将来ということを意識しすぎて、今を楽しみ切れていないという状況が若干あります。とりあえず、年間の貯金目標があるので、空室期間が長引くとそれだけ計画より入ってくるお金が少なくなるので、生活費を削るしかなくなります。それが、ちょっとしたプレッシャーになっています。

しかし、幸いなことに、会社の業績が想定よりも上がったので、ボーナスの金額が想定よりも上昇し、しかも、この7月から中国駐在の手当金額が若干上昇するため、余裕ができました。この半年間、楽しめる程度の財力は、貯金の金額差し引いても十分あるので、今をもっと楽しみたいと思います。

それとなにより、僕自身、緊張感がなくなってきているのが実感できました。つまり、中国に住んでいることにより、不動産投資と直接接する機会が激減しているので、不動産投資家として持つべき、ある程度の緊迫感と独立心が衰退してきています。

ビデオレターでは、会社員として海外駐在することはおそらく、これが最後になると思うという言葉ところどころで聞き取れました。

しかし、今の自分、若干、このままでもいいかなと、安全だし、的な思いが強くなってきているのは隠せません。こうやって、みんな独立という道を切っていくのかなと思うのですが、まだ、僕自身、独立起業という道は絶ちたくありません。

従って、不動産投資もそうですが、それ以外のビジネス、それにもう少し力を入れていかねばと改めて思いました。日々のルーティンを続けるだけでなく、収益を上げるためには何をしなければならないのか?もっと真剣に考えて、実行したいと思います。

不動産投資の方も、まずは、江戸川区小岩の物件の空室解消です。それを、少なくとも今月中には完了させ、次回の空室対策に向けて策を練っていきたいと思います。やはり、平均空室期間は長くとも2ヶ月程度で回したいものです。それ以上になると、どんどん長くなっていくイメージです。

その方法が、はたして家賃を下げることしかないのか?、僕はそうではないと思います。
それを考えていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪