今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。
初詣も終えて、新年に気持ちが入り始めている今日この頃です。

人気ブログランキング

 

 

僕が不動産投資を始めた2011年頃から不動産価格は上がり続けていましたが、昨年スルガ銀行を発端とする不動産融資ショックが起こったことにより、不動産価格は落ち着き始めているということは良く聞きます。

 

そして、僕は昨年3月に融資承認がおり、1棟物件を取得しているので、ちょうどそのスルガショックが起きるか起きないかの時であり、今であれば、受けられない融資条件で物件を取得することは出来ています。

 

僕が購入した物件は2億円弱ということで、僕にとっては大型案件なので、今売ったらどうなるのか?という売却査定をしています。これは、すぐに売却を考えているということではなく、自分が買った価格が今売ると大幅に下落していないか?確認をするためです。

 

その結果、数社の売却査定は既に提出されてきているのですが、僕が購入した価格は相場程度もしくは若干安めで購入できたということが分かり始めてきました。

 

また、その時にはその地区の市役所で織り込まれていなかった、大きな都市計画がこの半年で実行することが決まり、それに伴い僕が物件を所有する最寄り駅の物件所有側が住居・商業複合地域として開発されるということが分かっています。

 

これらはプラスの要因ですが、正直棚ぼたです。僕が物件購入を考えていた時に、一応市役所に都市計画の内容については確認しましたが、大きな都市計画は何も考えていないという回答を受けていたので、特に開発はないという想定で買っています。

 

自分が行った選択を後悔するのではなく、今の状況を打開することが今やるべきことだと考えているので、自分が物件を購入した時期が本当に勝負すべき時だったのか?ということはたまに考えます。

 

その中で、待つべきだったのではないか?と考えることももちろんありますが、仮に昨年物件を購入できずに、今年勝負しようとして場合、おそらく、この融資環境、そして、僕のプライベートや本業で今年は大きな動きがある予定なので、購入は出来なかった可能性は高いと考えています。

 

そして、1棟を購入したいというモヤモヤ感を抱えながら生活をするという日々が続いていたと思うので、購入できたこと自体は良かったと思っています。その中で、現実の厳しさを知ることも多々ありますけどね。

 

ちょっと書こうと思っていたことと違う内容になってしまいましたが、僕が言いたかったことは、勝負すべき時は勝負して、待つときはひたすら待つという姿勢が不動産投資には必要だと思います。周りに流されず、自分のタイミングで規模拡大や売却をしていっていただければと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪