marathon-1236351_1280

 

皆さんおはようございます。

 

昨日は遅くまで飲んでいたため、今日起きたらほぼ午後で、

この時間のブログ更新になってしまいました。

昨日は、小学校からの友人とたまたま飲みに行くことになり、

久々というか、初めて語り合ったわけですが、刺激的な会になりました。

 

その友人は僕を努力の人と言っていましたが、

それに気づいているのは、おそらく、彼とか小学校の友人だと思います。

僕は小学校4年生で野球を始めて、そこから、運動力、知力ともに上がっていったのだと思います。まさに、大器晩成型と言えるかもしれません。

 

でも、その能力が上がったのは、自然に上がったのではなく、

コツコツ、努力を積み重ねたからです。

それがなければ、今の自分の立場はないと思っているのですが、

周りの方々はそれを知らないので、僕が最初からできているというように勘違いしています。まぁ、そうみられたいから、人前では出さないとも言えますが(笑)

 

そんな僕の姿を見て、彼も刺激を受けていたと聞けたのが非常に嬉しかったです。

彼は、現在、独立して、仕事をしているのですが、僕以上に、努力をしていることが、

話から伝わってきました。年齢は変わっても、考えている根本というか原点は、

相変わらず小学生の時のままなんだなーと僕も逆に刺激を受けました。

 

僕にしても、彼にしても、まず努力をしています。

だからこそ、それなりに生活が出来るレベルでビジネスが回っているんだと思います。

少しでも気を抜き、だらけると、今まで努力で持っていた分が一気に崩れます。

 

そんなことを野球を通じて学んできたので、彼も努力を続けているんだと思います。

 

そして、不動産投資も結局は努力です。

彼は、才能というのは存在しない。努力できるということが才能と言っていましたが、

まさにその通りだと思います。

最初から、完ぺきに出来る人はいません。何もしないで知識や経験を得ることはできません。

自分なりに考え、努力して、それを繰り返して、失敗したり、成功したりするからこそ、能力、知識、経験が上がっていきます。

 

それを知らずに、楽ばかりしようと考え、動くといつか痛い目を見る。

これはどの業界にいても同じなんだろうなと僕は勝手に思っています。

 

彼が言った言葉の中で心に残ったのは、

打席に入らなければ、何も得られない。

成功するまで、打席に入り続けること、そうすればいつか必ずヒット、もしくはホームランを打てるようになる。

 

野球をやっていた僕にはこの言葉は響きました。

 

昨日もらった刺激を不動産投資を始め、他のことに活かしていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪