今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただけると嬉しいです。
花粉症が厳しいです。早くこの時期を乗り切りたいと思う今日この頃です。

人気ブログランキング

 

 

先週新築物件の内覧会に行ってきました。

初めての体験だったのですが、まだ施工業者の方が最終チェックを行っている段階で、本当に新築ほやほやという雰囲気が漂っており、良い体験をさせていただきました。

 

立地も申し分なく、そして、コスト低減もかなりされている物件ということで、その後の安定稼働がある程度見込まれる物件で羨ましいなと思う反面、新築ではある程度のお金を出す必要があることから、この物件は、大体どの程度の期間で初期支出したキャッシュを回収できるのか?という数値の部分が気になりました。

 

その後懇親会に参加したのですが、これもまたかなり有意義な会でした。

その中のほとんどの方が既に不動産投資を始めており、年齢はほとんどが40歳超えということで、30歳前半の僕は浮いていたのですが、ぽつぽつ僕と同じぐらいの年代の方もいました。

 

25歳で不動産投資を始めた時は、同年代の仲間なんてほぼ0に近かったのですが、最近は同世代の大家と会う機会も増えました。僕はいきなり大きなレバレッジをかけて不動産投資を始めましたが、それはそれで今となっては良かったかなと思います。

 

でも、手法は人それぞれでかなり手堅く儲けている投資家の方が多いなというのが印象的でした。そもそも、こういった新築内覧会や懇親会に来ている時点で意識が高く、ある程度成功している大家でしょうから、そういった方々が多いのかもしれませんが。

 

特に印象に残ったのが、築50年以上のボロアパートを購入して、そこに入居していた入居者を追い出しし、建物を解体してから、新築マンションを建築するということを実現した若者です。彼は僕と同世代でした。しかも、同じ会計系の仕事をしていて、数字に強いという共通点もありました。

 

彼の場合は、エリアとしては絶対に都内23区でしかやらないというスタイルでした。

そして、土地値以下で売っている物件を探して、それを買うという絶対に負けないスタイル。

 

堅実な投資だなと思いました。

でも、反面、そんな物件が今あるのか?とも思いました。

物件選定基準の難しいところは、甘くしすぎても失敗してしまうし、厳しくしすぎても購入対象物件が出てこない、そしてやがては業者から買わない人と認定され、情報が来なくなるということ。

 

その辺も考えて、絶妙な選定基準を設けられるよう、月次で更新していきたいと思います。

良い刺激を受けたので、今後とも引き続き大家として精進していきたいと思いました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪