今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

今日は一般的な話といいますか、不動産投資に始まり、民泊投資やその他事業投資、そしてFXトレードの経験を通じて思うことを書き綴ってみます。不動産投資は今のところトータルでは負けにくい状況に持ち込めていますが、その他の投資では失敗したこともありますので。

 

結論はどうなるか分からないとき、または投資対象について理解が薄いときは負ける時が多いなと思います。

 

ただ、僕が不動産投資を始めた当初、準備万端でしっかり理論武装して挑戦したかというと、確かに本は10冊程度読んでいましたが、ほぼほぼ初心者の状態で挑戦しました。

 

たまたま時期が良かったから今は負けにくい状況に持ち込めているということです。

 

もし、自分が不動産投資を始めた時期が不動産価格が高止まりしている今だった場合、どうなっていたかは分かりません。

 

投資について思うことは、大負けをしないことだと思います。

どんな投資でも、勝率100%なんてものは存在しないと僕は思います。

 

大事なのは、損失が発生したときに以下に最小限に食い止めることが出来るのか?そして、機が熟した時に迷いなく仕込めるか?ということに尽きると僕は思います。

 

また、僕は海外輸出や国内飲食店への事業投資も過去してきました。

上手くいった投資もありますが、損失を出した投資もあり、結果的には事業投資トータルでは、負けています。

 

負けた投資の反省をしていて思うのが、投資対象についてほぼ知識がないものだったことが多いことです。例えば、ハイブランドの商品を低価格で製造し、ハイブランドの価格で売却するようなプロジェクト、本当にそんなことが可能なの?そもそも合法なの?ということは分かりません。利回りが高いから投資していました。

 

結果的にその投資では負けましたが、その失敗を機に、分からないものには投資をしないという方針が僕の中で固まっています。

 

分散投資の方がリスク分散になるという考えも確かにあります。

ただ思うのが、一個人がカバーできる範囲には限りがあるので、僕は集中投資の方が負けにくい投資はしやすいと感じています。

 

FXトレードにしても、その道を究めるのは時間がかかります。数か月で体得できるような世界ではないです。不動産投資についても、同じことがいえると思います。

 

ということで、僕は今後は不動産投資とFXトレードの二刀流を貫いていきたいなーと考えています。投資をすることで社会に興味を持ち続けることにもつながりますし、老人になってからのボケ防止にもなりますしね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪