今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

来週月曜日は有給を取得しているので、僕の9月の営業日は終わり、気持ちは10月に移ってきています。10月は本業が忙しめの月になるので、そちらはそちらでしっかりやりながらも、今空室の部屋をなんとか決めていきたいと思います。

 

今回の空室対策は内見数という意味では比較的順調に進んでいます。

リフォーム後に既に3回の週末を迎えていますが、週1は内見が入り、トータルで4回の内見が入っている状況です。

 

しかし、まだ成約には至っていません。

 

一般的に、内見が5件入っても決まらない場合、何か問題があると思ったほうが良いと言われています。現在入っている内見4件の内、1件はリフォーム前のボロボロの状態での内見だったので、それを抜かしたとしても、既に3回内見が入っていることとなり、残り2回でなんとか、決めに行きたいと考えているところです。

 

今回は1階ということで、ターゲットがはっきりしています。

少なくとも女性の申し込みはないでしょう。

 

ということで、男性がターゲットになることは間違いない状況です。

仮に、あと2回の内見で成約に至らなかった場合、どうすればよいのか?どういった施策をとるべきか?今考えているところです。

 

年末に向けて成約しづらい環境になっていくと思うので、10月中には決めたいんですけどね~。おそらく、年内にあと1回は解約通知があると見込んでいるので、今ある空室は早めに解消させておいて、新しい空室が発生したら、そっちの時間と労力を費やせる状況にしておきたいなと思います。

 

ただ、ポジティブ思考でいくと家賃条件と部屋立地のスペック的には大きな問題はないのかなと思います。昨年、僕が所有後に初めて空室になった部屋はデザイナーズリフォームを施した代わりに家賃を高く設定したのですが、内見数はそれなりに入っていたにも関わらずなかなか決まりませんでした。今回もそれと同じような感覚がちょっとありますが、家賃を下げすぎると、後々の売却に影響してくるので、ここは我慢したいと思います。

 

空室期間はほんと我慢比べのようなものだと常々思います。

意外とフリーレントや家賃下げを考えていたタイミングでさっと決まることも結構経験しているので、10月中は様子見なのかなーと思います。(管理会社には9月中に決まらなければなんらかの対策を打つというプレッシャーを与えていますが)

 

今後の内見数と成約率はシビアに見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪