582409-thumbnail2
みなさんおはようございます。

昨日は久しぶりに、残業という残業をしました。
夜10時越えの残業をすると、やっぱり疲れますね。
東京にいた時には、決算期には当たり前のように10時、11時まで
残業をしていたのですが、ここ1年半はないことだったので、東京にいた頃を思い出しました。
ただ、一つ違うのが、帰宅時間です。北京では、会社に近いところに住んでいる為、
帰宅が楽だし、何よりタクシー代が精算できるので、ありがたいです。
とりあえず、今日も長い残業になりそうですが、今日踏ん張って、明日はパァーッと遊びたいと思います。

現在、西小岩にある物件のリフォームに見積り作業を進め、
既に入居者募集をはじめているのですが、僕が今お世話になっている賃貸管理会社の方といつも同じような話になります。

ちなみに、そのトピックは、設定家賃の話です。
僕は現在、5つの物件を所有しているのですが、それぞれの全てのコストを差し引いた後の金額が、大体1物件につき、2万円~3万円程度になっています。

つまり、1万円家賃がさがると、今の規模だと結構なインパクトになるわけです。
今の担当者の方は、僕のそういう状態を分かっていながら、
いつもいつも家賃を下げましょう下げましょうと、入居者募集の最初から提案してきます。

その方には、お世話になっているし、受け答えはしっかりしてくれる方で、信頼できる関係を
築けているのですが、毎回この担当者の同じような態度には、若干疑問をもちます。

というのも、彼らは、賃貸管理のプロとして、僕たち大家のサポートをしてくれているわけですが、家賃を下げて、募集効率を良くすることなど誰にでもできることだからです。
そして、確かに確実な方法ではありますが、一番芸のない方法です。

はっきり言って、家賃を下げる事であれば、僕でもできます。
僕たち大家からするに、彼らの仕事が価値を生むのは、一緒になって、家賃を下げずに、入居者募集、リフォーム等の方法を考えてくれるサービスです。

そういう、入居者募集、リフォームコンサルティングのようなサービスは、
賃貸管理会社の人はしてくれない方が多いです。

一部、リフォームにかなりこだわっている管理会社に出会ったことはありますが、
非常に少なく、以前と同じような方法を繰り返し行う、決まらなければ、家賃を下げる
という原始的な方法を取っている会社がほとんどです。

つまり、この部分は、自分で方法を編み出していくしかありません。
確かに、入居者募集、リフォームのコンサルティングサービスと言っても、
継続していくサービスではないですし、受け取れるであろう報酬を考えると、ビジネスとして確立していくのは厳しいかもしれません。だから、そういったサービスがないのでしょう。

そして、こういった自分独自の入居者募集、リフォーム方法を編み出すためにはまず何が必要だと思いますか?

自分で行ってみることが絶対的に必要です。
でないと、方法なんて編み出せるはずがないですよね?

そういった意味で、自分で入居者募集、リフォームをして、経験を積んでいきたいのですが、
いかんせん、現在は中国にいる為、物理的に厳しい状況があります。

僕ならこうするのに、ああするのにというのが日々溜まっている状況です。
これを、帰国後の活動に活かし、とにかく、家賃を下げずに、空室期間を短くする。
この課題に取り組んでいきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪