PAK65_chikyuugitohon500-thumb-260xauto-3318-thumbnail2
みなさんおはようございます。

今日からまた1週間が始まります。
一昨日で、ファイナンシャルプランナーの勉強に一通り区切りがつき、
昨日から宅建の勉強を始めました。
元々は、中国に来る前、一昨年に合格する予定で結構勉強していたのですが、
なんと、申込み忘れで参加できないという悲惨な事態に。

自業自得ではあるんですが、その時は結構へこみましたね。笑
今回は、まだ日程は発表されていませんが、10月中旬になる予定とのことですので、
なんとか参加できそうです。日本帰国後は、勉強時間が確保できるか不明なので、
参加するだけでなく、確実に受かりに行きたいと思います。

今日は理論的な話について、お話ししたいと思います。

現在、まさに僕が行っている入居者募集ですが、実はいくつか方法があります。
まず、それぞれの方法の名前について、お話ししたいと思います。

名前だけ聞くと、難しく聞こえますが、内容はそこまで難しいものではありません。
まず、1.から順にご紹介したいと思います。

方法は、3つあります。

一般媒介契約

複数の賃貸管理会社に入居者募集の依頼ができる形態です。
基本的にはこの形態で入居者募集をする方が多いかと思います。
一般契約では、大家は複数の賃貸管理会社に入居者募集を依頼してもいい代わりに、
賃貸管理会社は、大家に対して、入居者募集の状況、レインズへの登録の
説明責任を負いません。

ちなみに、僕は入居者募集に関しては、この方法を採用しています。
なぜなら、賃貸管理会社が大家に対して説明責任を負おうと負わなまいと、
やっぱり、複数の賃貸管理会社に入居者募集を任せた方が、決まる確率は高くなると考えるからです。

この点、僕がお世話になっている管理会社の方もそのように言っていました。
いくらインターネットに物件情報を載せても決まらない物件は決まりません。
ですが、そういった物件でも、店頭で決まることって結構あったりします。

実際、インターネット上の募集の反応はそこまで良くなかったのに、
店頭での営業で、いきなり決まったという経験も何度かあります。

専任媒介契約

1つの賃貸管理会社にしか入居者募集の依頼をすることができない形態です。

この場合、賃貸管理会社は、大家に対してそれ相応に責任を負うということで、
専任媒介契約を結んだ賃貸管理会社は、まず、2週間(休業日含む)に1回、大家に
入居者募集の状況を報告、また、7日(休業日除く)以内にレインズへの登録義務があります。

一般媒介と比べると、複数の賃貸管理会社に募集を依頼できないので、
数の面では劣りますが、本当に信頼がおける賃貸管理会社であった場合、
その質をより高める為に、こういった方法を取るのも一つの手かもしれません。

しかし、僕は、この形態で入居者募集をしたことがありません。
海外にいる場合等、自分で身動きができない場合は、この形態をとるしかありませんからね。
ちなみに、次に述べる専属専任媒介契約との違いは、自己発見契約が出来るかできないかです。

つまり、専任媒介契約では、自分で見つけてきた方を入居者とすることができるのに対し、
専属専任媒介契約では、自分で見つけてきた方も入居者とすることができません。
より厳しくなるイメージですかね。

専属専任媒介契約

この形態も、1つの賃貸管理会社にしか入居者募集の依頼をすることができない形態です。
大きな概念的には、専任媒介契約と同じなのですが、細かいところで異なっています。

具体的に申し上げると、専任媒介契約では、大家への入居者募集の状況報告が、
2週間に1回であったのに対して、専属専任媒介契約では、1週間に1回となっています。
また、レインズでの登録も、専任媒介契約では、7日以内であったのに対して、
専属専任媒介契約では、5日以内となっています。

また、上記で申し上げた通り、専属専任媒介契約では、自分で入居者を探すことも禁止されます。

つまり、賃貸管理会社に全てを任せるという形態です。
専任媒介契約と同じく、この形態も僕は取ったことがありません。
というより怖くてできないですね。笑

適当に物事をこなしてしまうことが多い、賃貸管理業界で一つの会社に任せてしまうこと、
これってかなり危険だと思います。

よほど、昔から付き合いがあり、実績もある会社、または、営業マンの方がいない限り、
出来ない選択だと僕は思っています。

というように、今日は、入居者募集の方法について説明させていただきました。
3つありますが、自分で身動きがある程度取れる方であれば、一般媒介契約で募集を行うことをお勧めします。

僕の過去のブログを見ていただいた方は、分かるかもしれませんが、
この世の中、結構他人事だと思って、適当に仕事をする方って結構多いです。
そういった方が、専任媒介契約、専属専任媒介契約を結んだからと言って、変わるとは僕は思いません。

ということで、みなさんの入居者募集の際に、参考にしていただければと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪