今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

2月3週目の土曜日にいただいた申込2件については、今のところ保証会社の審査は通り、契約書を送付し、入金待ちという状況です。成約に向けて着々と近づいていますが、最後まで気を抜かずに、キャンセルになった場合にすぐに動ける心の準備はしています。

 

今回2月3週目に立て続けに申し込み2件いただきましたが、その後数件、具体的な問い合わせがありました、その度、申し込みが既に入っていることを伝えるのは申し訳ないですし、何より、もったいないなーと思ってしまいます。

 

もったいないなーというのは、今年またどこかで空室が発生するはずなので、その空室にあてられれば今年の賃貸経営がかなり楽になるなーという意味でのもったいなさです。でも、それも含めて賃貸経営なので、まずは現在の空室が埋まり、現状満室に向かって動けていることは良いことだと捉えて動くべきでしょう。

 

この話を、将来的に管理をお任せしようと考えていて、今入居者の募集のところからアドバイスをいただいている都心の業者におはなししたところ、もともとの家賃設定が安いので、この結果には驚いていない。むしろ、もっと反響があり、早めに決まっていてもおかしくない条件なので、地場の業者にきっちり周知できていないのでは?という指摘を受けました。

 

その業者では、しつこいくらいに物件の空室状況の周知を地場の業者に行っているようです。この時期は忙しいので、電話で行っているようでしたが、僕としては解約通知が出た時に1回直接お伺いして募集のお願いを行い、原状回復工事が終わった段階で再度募集のお願いを電話でしているので、これで十分だと思っていました。

 

ただ、これはその管理会社の方からすると足りないようです。

 

前の管理会社は何もやってくれていない印象でしたが、ここでも前の管理会社との差を感じました。前の管理会社は安い管理手数料の中でまあまあやってくれていますが、安いからこそクオリティは下がっているのかなと1つ気付きになりました。

 

ただ、しつこくやりすぎてもあまり宜しくないという感覚は完全に消せないので、今後空室が発生した場合は、2回と言わず、頑張ってくれている業者に対しては、定期的に反響状況の確認をすべく、次回から少しずつ変更していこうと考えています。

 

年間通じて96%以上の稼働率を維持すべく、効果的だと考えられることは全てトライしていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪