今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただけると嬉しいです。
猛暑のピークと言われた8月初旬ですが、涼しいですね。

人気ブログランキング

 

 

入居者が既に決まった部屋のリフォーム見積もりをしているのですが、今回は3社に見積もり依頼をして結果が返ってきました。

 

結果としては1社目がリフォーム内容がかなり充実している、しかしその分費用がかかる。

2社目は本当に必要最低限のリフォームしかしない為内容はそこまで充実していない、しかしその分安い。3社目はその中間という感じでした。

 

今までリフォームをやるタイミングではまだ新しい入居者が決まっていなかったので、どちらかと言えば、出来る限り上記で言えば1社目のやり方をしていました。そこらへん下手にケチって空室期間が長引いたら元も子もありませんからね。

 

しかし、今回の場合は既に入居者が決まっています。

しかも、出来る限り早く住みたいということでどちらかと言えば、スピード重視してくださいというようなことを言われているので、2社目の必要最低限でコストをあまりかけない方法でやってみようかと思っています。

 

どうやらその方が営んでいる会社も内装系の会社らしいので、何かあれば自分でやってくれるという期待も込めて。

 

この部屋は60㎡に近いので、フルにリフォームをやったら20万円中盤まで行ってしまいます。しかし、今回のコスト削減プランであればリフォームコストは20万円以下に収まります。

 

ただ一点まだ見積もりが出ていないのが、お風呂場テレビの液晶です。スイッチはつくらしいのですが、どうやら液晶が壊れてる模様です。しかも、型番がかなり旧式らしく、この機会に取ってしまおうかなとも思っている次第です。

 

でも、入居者さんは内見した時にこのテレビがあるのも確認したはずです。それを想定して入居を決めたはずなので、撤去は出来ないのかなと。撤去するのであれば、内見者が誰もいないタイミングでしなければなりません。今回の場合は、旧入居者の退去直後に今の入居者の方が内見されたのでそこまで時間がありませんでした。

 

もともとは、この部屋はデザイナーズリフォームを試してみようかなと思っていたのですが、今回は出来ずじまいでした。デザイナーズリフォームをした場合は50万円は超えるようなことは言われたのですが、やったことがないので、それをやって家賃がどれくらい上がるのか知りたかったので。

 

でも、何も努力せずして、家賃5,000円アップ、年間にして6万円の収益アップです。

継続的に結果を出すには努力が必要ですが、運も時には大事ですよね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪