binding-contract-948442_1280

皆さんおはようございます。

 

梅雨も完全にあけ、いよいよ夏全開になりましたね!

そして、夏の風物詩である甲子園も来月から始まります。

暑中見舞いが届く季節になりましたが、明日、先祖のお墓詣りに行きたいと思います。

昨年の今頃にも行きましたが、心身ともに疲れ果てていたのを覚えています。

その頃と比べたら、今は、大分ましになりましたねー

 

今日はちょっと気になったトピックを挙げてみました。

最近、契約の更新と新しい入居者との契約がほぼ同時にあったので、

更新時に、賃貸管理会社へ支払う手数料について、考えさせられる機会が、

結構ありました。

 

まず、契約の更新ですが、

この部屋に関しては、僕は自主管理でやっています。

自主管理とはいっても、入居者さんからの電話は、

僕の知り合いの不動産関連の方にとっていただいています。

 

しかし、契約の更新は、入居者を決めていただいたということで、

その管理会社が行うという決まりになっていたようです。

(その当時は中国に駐在していたため、そこまで契約内容を見きれていなかったのが、汚点でもあります)

 

そして、その会社の手数料は、大家からではなく、入居者からとります。

通常、更新時の手数料は、家賃1か月分をもらい、あとは折半するという形を

とります。そのようにやる管理会社が多いので、それが通常だと思っています。

 

しかし、今回の会社は、家賃1か月の更新手数料は大家がまるまるもらい、

家賃半月分の手数料を、賃貸管理会社が入居者よりとるというシステムです。

 

つまり、入居者からすれば、合計で家賃1・5か月分を支払わなければならなくなるわけで、相当な負担になります。ということで、更新料引き下げの要求が僕の基に来たんですけどね。。。

 

一方、今回新しく決まった入居者も、自主管理でやることにしました。

僕が所有しているのは分譲マンションなので、入金の問題さえクリアーすれば、

日々のトラブルというのはあまりなく、

自主管理で全然やっていけると思っているので、

基本そのようにしています。

 

前者のパターンと、自主管理という意味では同じなわけですが、

この会社は良心的だなーと思います。

 

入居者からは家賃1か月分を更新料として取り、

そのうち、75%は大家がもらい、残りの25%は管理会社の方でもらうという

システムです。

 

入居者からすると、通常の更新料だし、

大家としても、通常の折半よりも多めにもらえるということで、

非常に助かります。

 

こういった更新料の決めは、最初の入居者契約の際に、

しっかり、見ておかなければならないと、今回痛感しました。

 

今後は、せめて、後者のパターン、つまり、75%は大家がもらい、

かつ、入居者には優しい、総額家賃1か月分と出来ればなと思っています。

 

ということで、少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪