今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!
寒い日が続きますが、頑張っていきましょう!

人気ブログランキング

 

 

昨日ウチコミ経由で契約をいただいた入居者の方がわざわざ遠隔地から内見のためにお越しいただくということでエージェントの方同席のもと立ち会いをしていきました。賃貸経営を始めて7年半が経とうとしていますが、今まで仲介会社経由での申込みしか受けたことがなかったので、初めての経験でした。

 

今回は遠隔地に住まれている方が就職に伴い、春先から都内に出てくるという流れだったので、昨日に全て確認しておかなければならないということで、通常の内見とは異なる部分が若干ありますが、良い経験になりました。

 

今回は内見立ち会いをしてみて、入居希望者の方がどういった視点で物事を見るのか、考えるのか?ということについて感じる部分があり、それが今後の賃貸経営に生かせると思ったので、まとめていきたいと思います。

 

購入家電の設置場所

~どこに何を置くのか~

 

まず、何をどこに置くのか?ということをしきりに確認していました。

今回のケースは、今までご両親と住んでいたところ、独り立ちされるということなので、今まで使っていた家電や家具はあまり多くなく、新しく購入する家電や家具が多いので、何処に何が設置できるのか?設置できないのか?ということを確認していました。

 

僕が所有しているマンションは3点タイプで20㎡前後の部屋なので、15㎡~20㎡の部屋は決して広い部屋とは言えず、何をどこに置くのか?という部分が重要になってきます。

 

電子レンジ、炊飯器、ベッド等々、置きたいものを全て置いてしまうと自分の生活できる空間が狭くなってしまいました。

 

それだけ考えると僕が所有している物件は大丈夫か?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、最寄り駅から徒歩5分内、インターネット無料、一応鉄筋コンクリート造りで、しかもエレベーターもあるということで、利便性は高いものがあり、家賃も周辺の物件と比べると安めに設定しています。

 

近くに新築アパートもあるのですが、少し広いアパートで、最新設備(追い炊きやバストイレ別)が付いた部屋は僕の部屋より家賃25%アップで募集しているので、あまり怖くありません。おそらく、その値付けで募集しているということは、その家賃でないとキャッシュフローが回っていないからだと思うので、しばらくは脅威になっていかないと思います。しかも、アパートですし。

 

と話がズレてしまいましたが、僕が所有している部屋でネックになるのは、モノを置けるスペースがあまりないということだということを改めて認識しました。といっても、部屋を広くすることはできないので、室内の収納機能を高められるような設備やアイディアを考えていきたいと思います。

 

ライフラインの確認

~支払方法など~

 

あと、今回の方の場合は、電気、水道、ガスの確認をされていました。

どのように支払うのか?住み始めた時から使用開始できるようにしたいので、申し込み関係をきっちりしたいということでしょう。

 

また、市役所がどこにあるかも確認していました。おそらく、これは住民票の移動等の公的な手続きを早めに行っておきたいから、場所だけ確認したんだと思っています。

 

あまり、市役所から自分の物件がどの程度離れているかということは考えていなかったのですが、こういった視点でも考える方が居るんだなーと勉強になりました。同じ市内に住んでいる方であっても、住民票を移される方も多いと思うので、市役所が徒歩圏内にあるというのもまた1つのちょっとしたアピールになるのかもと思いました。

 

少し話はズレますが、ガスについては現在都市ガスですが、プロパンガスにすることも少しだけ考えています。プロパンガスにすると、原状回復工事やエアコンの交換などサービスでやってくれる業者も多くいるらしいので、入れ替えたタイミングでリノベーションに近いリフォームを行い、家賃アップを図ることも出来るとは思っています。

 

でも、プロパンガスにすると入居者の負担は増えることになりますし、そもそも都市ガスと比べてプロパンガスのイメージは悪く、また今は確か契約時の重要事項説明の際にプロパンガスであることを賃借人に説明する必要があるので、そこでプロパンガスだから・・・という理由で申し込みをキャンセルされても困ります。

 

ということで、まだ真剣検討には至っていないのですが、頭の片隅には置きながらも、もしプロパンガスにしても、空室対策的にはあまり影響がないことが分かれば、変更するというのも1つの選択肢としては持っています。

 

周辺のスーパーや飲食店

~どこで何が買えるのか、食べれるのか~

 

あと、これも当たり前ですが、周辺の住環境についても念入りにリサーチしていました。内見が終わった後、僕はその物件内で挨拶をして、お見送りをしたのですが、その後帰りがけに、入居希望者の方がどこにどういった飲食店やスーパー、薬局があるのかということを念入りに確認している姿を見かけました。

 

これは普通と言えば普通ですが、僕の物件の最寄り駅には北口と南口があり、北口にはスーパー等が揃っているものの、南口はコンビニしかないので、そういった意味では最寄り駅からは近いけど、不利だなと思いました。

 

ただし、中長期的に、駅が高架化、また地下化することに伴い、駅南口が開発されていく流れが具体化していっているので、10年スパンで考えた場合はこれは良くなっていくと思っています。

 

ただ、そこまで中長期で保有するためにはある程度の体力が必要です。10年保有すると、どこかで不具合が発生した場合に支出する大きな費用も出てくるかもしれません。もしかしたら、全く問題なかったということもありえますが、少なくとも大規模修繕工事は12年~15年スパンで行うべきだという一般的な目安が出ているので、10年保有するのであれば、そういったことも考えていかなければなりません。

 

自分が物件を探すときにも周りのスーパーやコンビニ状況というのは結構気にしますが、入居希望者の方がそのように念入りにチェックしている姿を見て改めてこの重要性を認識しました。これは弱みになってくると思うので、それを補完できる付加価値を加えていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪