GAK82_metasekoianamiki500-thumbnail2
みなさんこんばんは。

今日は、色々なことが重なり、更新が遅れました。
昨日のプロ野球オールスターで、大谷選手が162kmを記録したとのことで、
かなり嬉しい気持ちになりました。もともと、自分が野球をやっていた時も、
ピッチャーで、少しでも速い球を投げたいという思いを持っていたので、
ピッチャーとしては162kmが出せたことがいかに嬉しいことが多少わかります。
この調子で、165kmぐらいまで、伸びてくれることを僕は期待しているんですが、
どうでしょうかね?

散々このブログを通じて、お話をしていた話ですが、
今日の午後に1件申し込みが入ったということで、ある不動産屋からご報告を受けました。
この2ヶ月近い入居者募集もやっと、終了しそうです。

ただ、契約するにあたって、2つ壁がまだあります。

それが、以下の件ですが、今まで成約まで至ったときには、考えていなかったものなので、
勉強にはなりました。

家賃発生日

今回申し込みをしてくださった方は、今現在、杉並区の方に住んでいるとのことですが、
そちらの方でも、賃貸借契約を結んでいます。ということは、一般的に、解約通知は、
1か月前に出さなければなりません。つまり、そちらの杉並区の物件を今すぐ出て、
明日からでも、僕の部屋に住み始めるということはできないわけです。

ということで、今日、大家の方に解約通知を出したとしても、その1箇月後である、
8月20日からしか住むことができないということになります。

その場合、8月の家賃を入居者さんがどこまで払うか争点となります。
というのも、僕の物件は、即入居可ということになっています。

即入居可ということであるのに、入居者さんの契約の都合で、
この7月20日〜8月20日までの間、空室になってしまうわけです。

であるのなら、入居者さんが実際住むのは8月15日からではないにしても、
8月の家賃は折半にしましょうというのが筋かなと思い、それは既に賃貸管理会社の方へは伝えました。

今回の方は、結構属性がいい方なので、家賃滞納会社への入会は入らないでいいよということで、伝えています。しかし、その代わりに、8月の家賃部分に関しては、折半しましょう。

つまり、8月の15日からの家賃を負担してくださいという交渉の仕方をするようにお願いします。とこれも、伝えていますが、どうなることやらといった感じです。

契約書サインの件

この部分も、大変めんどくさくなっています。
僕が日本に入れば、貸主のところに、僕の名前を記載することができるのですが、
現在、僕が日本にいない状況で、サインをどうするのか?
この部分、詰めなければならないということです。

具体的には、方法が2つあります。

1つは、一旦、日本にいる代理人の方にサインを頂いて、僕が9月に一時帰国した際に、
貸主の部分を、僕の名前に書き換えるという方法。これが、僕にとっては簡単な方法です。

しかし、この方法をとった場合、僕がサインを書き換えた際に、借主の方にも、また同じ事項を
記入していただく必要が出てくることになってしまい、入居者さんにご迷惑がかかってしまう
ことになるということです。

2つめは、まず、入居者さんの方にサインを頂いて、そのサインいただいてものを、メールにPDFを添付する形で送付。そして、そのPDFを僕が中国側でプリントアウトして、そのプリントアウトした紙面上に、僕が署名をする。

そして、その署名をしたものを、今回決めてくださった賃貸管理会社へ郵送するという方法。この方法は、時間は若干かかりますが、その後、僕が書き換える必要がないので、入居者さんにもご迷惑が掛からなくて済むとのことです。

この件に関しては、うまい方法を考えてくれと、賃貸管理会社の方には話をしていますが、
おそらく、どっちかになるかと思います。

そして、それに加えて、2つのことを管理会社に確認してくれと依頼が来ました。
その依頼というのは、難しいことではなく、

1、鍵を交換しても問題はないのか?
2、駐輪場等使用する場合に関しては、別途費用がかかるということで良いのか?ということです。

この件に関しては、今日は管理会社が休みのため、明日確認して、
連絡しようとしています。

まぁ、この2件は、どちらも、入居者さんの方に
負担いただく費用なので、大きな話ではないのですが。

上記のような詰めなければならない話はまだありますが、
とりあえず、決まってホッとしました。しかし、依頼してから、
たった1週間ちょっとで決まったので、こんなことなら、もっと早く地元不動産屋に連絡をすればよかったと思いました。

何度も言いますが、入居者募集をするのなら、やっぱり地元の不動産屋さんです。
あと、2週間早く連絡をしていれば、8月1日からの入居開始も可能だったのかもしれ
なかったので、この分に関しては、次回への課題ということで、活かして行きたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪