今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただけると嬉しいです。
10月も終わりになろうとしていますね。

人気ブログランキング



先日8月から入居開始された入居者から直接電話がありました。
この入居者に関しては直接僕が管理しています。

通常は無料で簡単な管理対応だけやってもらえていたのですが、決めてくれた賃貸管理会社にこのお話をしたところ、銀行送金を入居者⇒僕の口座に直接振り込むことによって、入金管理は僕がやると言っても、手数料はもらいたいとの一点張りだったので、もう自分でやるかという話になりました。

ということで、初めて全ての管理について自分でやることになったのですが、早速入居者から連絡が入りました。

内容としては、トイレの水が流れなくなったので何とかしてほしいとのことでした。
既に地場の水工事会社には依頼をしていて、進めても良いか?という話だったので、どうぞ進めて下さいとお伝えしました。

しかも、かなり良心的に動いてくださり、クラシアン等の大手に依頼するよりも、地場の業者に頼んだ方が良心的な値段でやってもらえるからと既に動いてくださっていました。

そもそもこの入居者の方は自分で内装屋を経営している個人事業主の方です。
おそらく、僕なんかよりそういった業者とのつながりは深く、いつでも頼める仲なのではないかと思います。運が良いですよね、僕は。

しかし、それとはまた話が変わるのですが、この貸し出している部屋は購入した当時築年数10年程度、今は10年代後半となっているのですが、部屋の設備が良く壊れます。

前の入居者の時もトイレの換気扇が壊れたり、網戸が壊れたり等々、たびたびありました。

一方、築年数がそれよりも古い他の物件では、こういったトラブル工事はここ2年くらいはゼロです。この違いはなんなのかな~とも思います。

築年数は新しいけれども、施工会社が手抜き工事とかしたんですかね?
築年数が新しめの割にトラブル発生回数が多いのでそう思ってしまいます。

いきなり知らない電話番号から電話がかかってきてドキッとしましたが、これが入居者から入るはじめての連絡でした。はじめてというのはこの6年間の賃貸経営を通じてという意味での初めてです。

今回の入居者の方はかなり良心的な方だと電話越しに思いましたが、問題入居者にこのような管理をしてしまうと苦労することもあるかもしれません。

でも、管理手数料の3%~5%がゼロになるのは魅力的です。
自分で管理できる規模のうちは学ぶという意味も含めて、手数料ゼロで自分で管理をやってみるということも1つの経験としては良いのではないでしょうか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪