sofa-1693689_1280

 

皆さんおはようございます。

 

最近になっていきなり寒くなってきましたね。

もう来週頃には、最高気温が20度に満たない日がはじまるということで、

秋という秋は、1か月もなかった感じですね。

そろそろ、防寒対策していきたいと思います。

 

来年の1,2月に引っ越しを考えているのですが、

やっとこの時が来たなーという思いです。

 

今住んでいる会社の寮は、寮費がなんとたった1万円。

でも、共同風呂、共同便所等々、水回りは自分の部屋にない為、

何をするにしても、誰かに会います(笑)

 

ただ、朝飯が出たりするのは良かったです。

 

不動産投資をやっていたからこそ、お金を貯蓄する必要性があったからこそ、

この寮に住み続けることができたわけですが、そもそも会社の規定では、

来年6月いっぱいしか住めないこともありますし、

そろそろ、精神的にあの牢獄のようなところに住むのも限界なので(笑)

この度、寮を出ることにしました。

 

場所はある程度絞っています。

問題はいつから住むかということですが、

大家業を5年も営んでいると、大家からすると弱気な時期、

反対に、強気に出れる時期というのが分かります。

 

それを今回は逆利用しようかと考えています(笑)

つまり、大家が弱気になっている時期を狙って、

家賃を減額する作戦を考えています。

 

今回僕が住むことを考えているのは、1LDKで、

川崎市の某区です。会社からも遠くはないし、都心へのアクセスも悪くない、

そんなところに住むので、1LDKだと10万円はします。

 

そこをなんとか、5000円くらいまけられないかなーと考えています

 

でも、大家としては、家賃は下げたくない。

そんな気持ちも十分分かりますので、何となく複雑な気持ちではあります(笑)

 

大家業を始める前、家賃というのは機械的に決まっていて、

そこから交渉なんてできないというイメージがありました。

今でも、友人からはそんな声も聞こえてきます。

 

そこで、上記のように、家賃交渉なんて全然できるんだよって

話をすると、驚く人も結構いたりします。

 

なので、SNSであったり、メディアがこの事実を、みんなに知れ渡る形で、

拡散した場合、今よりも、家賃減額を請求する人は増えるかもしれません。

そのなった場合の対策をとして、家賃を減額させない、入居者にそんな気を起こさせない

部屋を作ることだと思っています。

 

それがどういった部屋というのは、ターゲットによっても、また、時期によっても違ってくるんだとは思いますが、少なくともそういった意識をもって動くことは非常に重要だと思っています。

 

12月に入った頃くらいから、だんだんと物件探しをしていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪