今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただくようお願いします。
今週から本業が落ち着く予定です。

人気ブログランキング

 

 

7月末に退去するという解約通知を出されてから1か月が経とうとしていますが、今週末に退去することになっています。入居者募集の方は解約通知が出てからすぐに地場の不動産屋にお願いしに行ったので、ちょくちょく電話が来るのですが、今回は早くも2件の入居希望者の連絡がありました。

 

しかし、結論から申し上げると、それじゃあ・・・という属性の方々です。

 

まず、1組目はタイの留学が3人一緒に住みたいということでした。

内容は詳細まで把握していなかったのですが、どうやら日本から月々25万円の奨学金が出る模様で、その25万円の中から家賃を支払うから滞納の心配は低いということ。

 

しかし、問題なのが日本語を話せる人もいないし、英語を話せる人もいないらしいのです。

1人間をつないでくれる日本人がいるらしいのですが、その方が無責任な方だったり、連絡がつながらなくなったら、どうするのかな?と。

 

しかも、外国人で、しかも学生なので、当然家賃保証会社に入れるわけもありません。

僕は滞納にあったことは今まで一度もないのですが、周りの仲間から散々滞納にあった場合の苦悩やストレスの話を聞いています。

 

従って、この案件については家賃保証会社に入れるなら考えるけど、入れないのであればリスクが高すぎるのでアウトと伝え、それ以降は連絡はありません。おそらく無理だと思います。

 

そして、もう1件はまだ進行中なのですが、40代自営業者とその外国人奥さんの2人で住むという話。どうやらその外国人奥さんが妊娠しているとのことで、新婚夫婦なんだと思います。

 

しかし、自営業と聞いただけでちょっと怖くなります。

この物件の家賃は15万円弱です。もし、滞納なんかされると影響額が大きいのでここまで慎重に選んでいるのですが、自営業で外国人奥さんと聞くと、なんか直感的に普通の人ではないなと思ってしまいませんか?

 

ただ、賃貸管理会社の方曰く、この方たちは家賃保証会社には入れるだろうとのことでした。それと、確定申告書3年分、身分を証明できるものは最低限提出して下さいとお願いをしました。

 

ただ、このお願いをしてから早3日が経っても連絡がないので、仕事が忙しいのか、それとも適当な人間なのか、いずれにしてもちょっと気持ちは離れつつあります。

 

この入居者で決めれば楽は楽ですが、ただ、滞納されるリスクは極力排除したいので、確定申告の内容を見てみてです。大きな黒字を出して、しっかり税金もし払っているような会社であれば、信用は出来るんですが、自営の場合、おそらく黒字ギリギリとかでやっているケースもあると思うので、判断が難しいところです。

 

とはいえ、まずはリフォームの手配を早くすることです。

遅くとも8月中旬にはリフォームが完了するよう早めの手配を心がけたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪